まーたお金儲けちゃうね参ったね – FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

勉強の方法変えて効率よくなりました

   

           

日曜担当のヤドカリです。こんにちは。

最近学習の仕方について話題になっていますね。
それにのっかって
最近ちょっと勉強方法を変えたので
その件について書こうと思います。

毎週の動画解説なんですが、これをちゃんと形にするのが結構難しい・・・
いろいろ試行錯誤がありましたが、今はこんなふうにしています。

・適当なところ(だいたい1トレードごと)で画面ショットをとる
・ショットを取った順で番号を1からつけていくことにして、その合番ごとに解説のメモをとる
・画像をペイントとか、適当な画像ソフトで開く
・ゆとりがあればトリミングする(しなくてもいい)
・A4横でプリントアウトする
・紙の余白とかチャートの中に、ノートにとっておいた解説内容を確認しながら書き写す
(そこそこ余白があって、だいたい書ききれます)
・最後までいったらホチキスでとめて、「今週の解説ノート」できあがり!

この方法のよいところはチャートで「ここのところが・・・」みたいな話のときに、
そこからヤジルシをひっぱって説明をつけられることです。

さらに、あとから見直しやすい!(これ重要)


前は画面ショット&ノートをとるまでは一緒なんですが
その内容を実際のXMのチャートに「テキスト」で記入していました。
このやり方、できあがったチャートを見るのは達成感があってすごくよいのですが、
単に解説内容を書き写すということだけに時間がかかってしまいます。


学生のときの勉強もそうですが本当の勉強って、単語帳を使ったり、
ノートをまとめたりで終わりではなくて、その次に単語やまとめた内容を覚えることが必須です。

その意味では解説ノートを作ることは勉強の準備段階なんで、
できるだけササッと終わらせたいわけで、
このアナログなやり方に変えてから解説を見てノートを作るまで、がんばれば1時間半くらい。
すっごい効率化が進みました!(感涙)


「今週の解説ノート」には、たとえば「タッチでインするときと確認してからインするときの違い」とか、「勢いが強いときの鉄板パターン」とか、その時気になっていることを<ポイント>で入れたりしてます。

・・・これが、楽しいんです(笑) 
「勉強してる感」が半端なくて(笑)

そのうち『フィボ最重要頻出パターン25』とか『<最新版>瞬間速解チャート』とかいう参考書でも作ろうかという気になってきます。ああ、『できる!環境認識』とかあったら、ほしいですね、絶対(笑)




そんなこんなで、やり方変えたら勉強が楽しくなりましたってお話でした・・・

一応今週の結果のご報告ですが、
う~ん、今週はノートレードでした。

「チャンスを逃したら無理に入らない」って言葉を言い訳に
入れるところで入ってない状態。

前に先生が「手法を信じられなくて」と書いてらっしゃいましたが
とちらかといえば自分を信じられなくて、見逃しですね。

「山3つな気がするけど、違うかもしれない」
「環境認識で下向きと思ったけど、環境認識が違うかもしれない」
「6●.8があると思ったけど、間違ったところに引いているかもしれない」

今週は有利な方向が入れ替わっていくレンジ相場ですから
うだうだしている間にあっという間に、
「今入っちゃダメ、ぜったい」なところまで
相場が進んでしまいます・・・

原因は何かといえば、勉強不足。
大事なポイントがまだ頭に定着してないので
判断に自信がもてないんですね。

「定着する」って要は暗記して使えるってことです。
とにかく、暗記しなくちゃはじまらないわけで・・・・
ただ今はまだ、暗記すべき事柄をまとめた『単語帳』が
まだできあがってない状態・・・
くう~っ!!!焦るが焦ってもしょうがないっっ(>_<)
来週もがんばろう!



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 - FX検証・学習

  関連記事


PAGE TOP