まーたお金儲けちゃうね参ったね – FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

環境は微妙な局面でありながらもトレードはできる不思議~FX勉強会から~

   

           

勉強会参加者のすみたです。

先週はこれまで続いていた勢いのある上昇局面がひと段落して、「次の場面にいきますよ」という感じのしっかりした下げがあったところから始まりました。
下げてきたところは、フィボの分かりやすい位置でもあり、ちょうどアレもあり、というまさに勉強会冥利に尽きる(?)ジャストなところでした。
ここから更に一方的に下げる形は考えにくいのですが、ではすぐさま買っていけるかというとそれもちょっとね、というくらい下げも直線的で強いので、しばらく様子を見て5mでタイミングを計って買いをしました。+43.5pips。入りは陽線一本分遅れています。



この時点で想定していたのは調子よく上げてきた後にやってくる訳の分からない動きです。セオリーに当てはめることが難しくて、唐突な動きをしたり、と思えばチャートが出来上がってみるとレンジの動きをしていて、「レンジ戦略の構えでいけばば良かったのね」と分かってきたりします。

とはいえ、この時点ではまだ一旦大きめの下げがあったけど、根拠のあるところで止まって素直に下降は続かないという事実のみがあります。将来のことは分からないので、これまで見てきた、ありそうな形を想定して、シナリオどおりになればそのとおりエントリータイミングを計って入ってみる、ということを繰り返すのみです。
で、ここではその後どうなったかというと、やはりこれまでの上昇の圧力が削がれるとすれば、相当時間がかかるようで、しかるべきところで止まり下げは続きません。それどころか、次の節目までも上昇していきました。

結局その次の節目も超えてきて後レンジ的な動きを形成しました。
この過程を追いながらエントリーできそうなポイントを見ていくと、こんな割と難しくなると想定していた局面でも結構エントリーできるところがありました。

そして週末にかけて上で抑えているものが引き続き効いているのもわかります。

ここでその上端まで上げてから下げてきました。直前の上昇に対して下げは続かない感じなので、ここで買ってみて+20pipsくらい。
状況的に直前の高値到達は狙えないと思いましたので、適当なフィボの付近で指値しました。


<先週の添削と週ごとの経緯>

凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:解説にはないけどダメではなさそう、×:こりゃダメだ)



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 - トレード報告

  関連記事


PAGE TOP