まーたお金儲けちゃうね参ったね – FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

下げた先での売りは怖い?でも、そもそも下げた先ってどこだろう?FX勉強会の座談会ではこんなことを話しています。という話。

   

           

FX勉強会の先生の喝と、座談会に救われて何とか生きながらえているマンデーぽてこです。コンニチハ。
一昨日の土曜日も座談会に参加して、気付きと活力をたくさんもらいました。
やはり、

「今週のポンド円、下げた先での売りだけど、怖くなかった?みなさんどういう見方で売ったの?」

というのが大きな話題でした。
この下げきったように見える局面でも、売りで大きく取っている方がたくさんいらっしゃったからではないでしょうか。

「いやー、怖くて手が出せませんでした」
「下降が強い時は素直に売りに乗っていく、を実践しました」
「そろそろ買い、の考えを捨てきれなくて…」
「環境認識から、ここまでは下がるだろうと見込んでいたので、信じて売っていっただけ」

などなど、各メンバーからいろんなお話が聞けました。
わかる、わかりすぎる(涙)というお話も、その見方が出来ていればなあ…(涙)というお話も、大変刺激になります。

しかし、そもそも「下げた先」とはどこだろう?という話になり、メンバーの見解や気付きを聞くと、なるほどなあ、と思うと同時に自分の視野の狭さや、柔軟さの欠如を感じさせられました。

5mでも1hでも4hでも測れないような強い下げ、じゃあ日足も見てみるか、とか、他に参考になる数値や地点は見つけられないか?とか、本当にみなさん思考を巡らせ、工夫をなさっているのです。

最近の解説動画でも、ここのところ強い下げのような、フィボナッチの数値が効かないような場面で、どこに目安を置くのか?ということの新たなヒントがたくさん盛り込まれているように感じます。

「フィボナッチの数値超えちゃったし、シナリオ通りに動かないし、もうやーめた!」

と諦めてしまう前に、まだまだやることはたくさんあったのです。
ダメか、じゃあ次は?ダメか、じゃあ次は?の探究心、諦めない根性を培っていかなければ、です。

それでも先週は、なんとかトレード出来て、まだまだ頑張れる!と自分を奮い立たせているところです。



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 - トレード報告

  関連記事


PAGE TOP