まーたお金儲けちゃうね参ったね – FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

10pips抜きをFXの最終目標にしよう、と軽く考えていた時期がありました。顔から火が出るその浅はかさ、の話。

      2018/08/02

           

FX勉強会の徒花、マンデーぽてこです。こんにちは。
入会してもうすぐ一年半になります。
入った当初は何もわからず、先生のブログやコラムを読んでは
「すごいすごい!そうしよう!すぐにでもそうなりたい!」
と安易に考えることが多かったんですが、日々学んでいくうちに、それがいかに難しいかを噛み締めています。
「素直に学ぶこと」と「継続すること」の基本姿勢以外に、夢のある言葉や身に付けたい教えがたくさんあります。
「チャンスが有るか無いかは相場が決めること」
「ダメな相場の時に逃げるのは根性の無いヤツ」
「トレードは、自分のやるべきことが出来たかどうか、がすべて」
「あれ?と気づく時が何度も来る」
「素人はチャンスを逃すことを病的に嫌う」
「相場というのは自然と同じ。自然にはかなわない」
「自分のわかるころだけ、やる」
「素直にやっていれば、お金は増えていきます」
「究極的には、10pips取ることに行き着くのかもしれない」
枚挙に暇がありません。
さて、この10pips抜きですが、かなり前に浮かれて試したことがあります。
「10pips抜けそうなところはバンバン入ろう」
という、今思えばなんともはや、無謀の極み、頭悪の生き標本です。
このド素人の「少し取ろう」という浅慮の行き着いた先はと言うと…
「環境認識をおざなりにしかやってなくても、5分足だけ見てパッと入っちゃえ!少しなら取れるだろうし」
というどうしようもないものでした。今思えば本当に怖ろしいことです。

本当は、環境認識をしっかりやって、最悪のパターンも想定し、準備万端待ち構え、数十pips伸びていくと見込んだ自信のあるポイントで入っての、あえての10pips。
それもきっと大きく枚数入れての10pips。
その後どれだけ伸びようかどうでもいい、渾身の10pips。
そんなトレードなんじゃないかと考えます。
いえ、ここに書いてあるんですけれども。
トレードに向かう姿勢を知り尽くし、たくさん痛い目にも遭って、大きく取れる場面を見極められ、その行き着く先が「10pips抜き」だというお話をされているのに、「10pipsなら取れそう~」という安易と言えばあまりにも安易な飛びつき方をしてしまったのですよ。
顔から火が出ます。
キョウリュウグリーンくらいには出ます。
070901.jpg

この頃、時間足重視で利益を伸ばすよう意識しているのですが、時間はかかりますし、建値割ったり損切りに迫ったりしますし、ストレス大きいです。
以前の浅はか10pipsトレードとは違った、本当の10pipsトレードにいつか到達したい!と強く思っています。
「まーたお金儲けちゃうね参ったね」
とか言いながらキャビアをおやつに高笑いする日が来ると信じて、日々学習しております。(お金持ちのイメージが陳腐すぎる)





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 - FX勉強会

  関連記事


PAGE TOP