まーたお金儲けちゃうね参ったね – FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

FX勉強会のトレードから~トレンド終わりからレンジ突入への警戒はお早めに

      2018/08/02

           

FX勉強会参加者のすみたです。

先週始まり時点では、大きな視点での下げが続いていますが、下値を切り上げる形も確認できます。
下げリズムはもう終わりでもおかしくない形とサイズです。この先は分かりにくい相場になるかもしれないな、時間軸は分からないけど・・と構えています。これは好例のイベントですので、ちゃんと中庸なスタンスを持って向き合えるか。いつも動画で教えていただく「上から売って下から買うべし。中途半端な位置で入ると死ぬ。」を実践できるか、痛い目をを見ながら、そのたびに刷り込み学習をさせていただくこともあります。
ただし、売り買いすべき上下の見極めはその場で「これくらいかな」と判断する必要があります。その見極めが甘い、というか近視眼的に都合よく捉えていると、やはり痛い目に遭います。
2018-07-05_01.png 
①○ ひとしきり下げてきてこの付近で終わりそうな感じ。すごい効いているものが下にあって、こんな感じになったらステキな買い場です。
月曜日にこんなところで40~50pips取れればもう今日はお仕事終わり、と思えそうです。ロットによっては1週間分のお仕事かもしれません。

②NM、③○
ということで、今週はもうやらない。よほどいい場面があったら買うかもしれないけど、基本は高見の見物と思っていた矢先・・、もしもこの場面を見てしまったらウホホーイとか言いながら買っていることでしょう。
長い陽線で伸びて、ポイントに上ヒゲをつけてじわじわと下げてきました。

④NM
このあたりからレンジ的動きを警戒しはじめないといけなかったようです。

⑤×、⑥×
売ろうとすればできないことはない形はありますが、先生はここで「全然売りたいと思わない」とのことでした。
レンジを想定して警戒を始めるならば、下はだいたい決まってきている一方で、上の値幅は直前の高値までの距離くらいは想定しなければなりません。
⑥の実トレードで+31.6pips。たまたま取れていますが、振り返ると直前の動きを見るに冷静さを欠いた売りと思いました。踏み上げられる絵をイメージすべきだったようです。

<先週の添削と週ごとの経緯>
2018-07-05_02.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:解説にはないけどダメではなさそう、×:こりゃダメだ)







ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 - トレード報告

  関連記事


PAGE TOP