まーたお金儲けちゃうね参ったね – FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

ぽてこ週記:FX勉強会に入って、最初のトレード報告をケーススタディしてみました。ありえなさすぎてニヒルに笑うしかなかった話。

      2018/08/02

           

フフッ、フフフッ(ニヒル)…月曜日担当、番組リーダー似蛭田妖です。
奇面組知らないヤング、申し訳ありません。
昨年1月にFX勉強会に入って初めてアップしたトレードを、上げたときの達成感とドヤ顔を思い出しつつケーススタディしてみようと思い立ちました。(30分後、のたうち回るハメになることも知らずに)
FX勉強会に入って2週間ですね。
ノートに「1月30日までに必ず1回めのトレード報告を書き込む!」と誓いを立てて、それをなんとかかんとか実行したってところです。
まーまままー、説明のしようがないのですが、
まず、真っ白!
フィボトレードなのにフィボナッチなし
エリオットの数え方があんまりすぎて赤面
チャートの左側を全然見ていない(視野が狭小)
時間足見ていない(環境認識になっていない)
なんか縮尺がおかしい
ここで入るなら必要不可欠なMAをガン無視
エントリーに、そのライン必要?
獲得pips数がおかしい(多分、手数料か何かを手計算で引いている?謎行動。しかも間違えている?)
と、まあツッコミフェスティバルカーニバルですよ。
うーん、そもそもここで入れるか?
さて、ケーススタディをしてみましょう。

2017年1月30日
4h
強い上昇が〇〇まで戻し、そこからの拡張
直近上昇強いが、〇〇MAと下降の〇〇を上抜けたところ、前回下げたあたりで失速
大きい上昇〇波継続になるかどうか、というところだが、〇〇MAが上昇→水平→下降と推移しており、これに押さえられれば下降に転じる可能性もある
1h
強い上昇の戻しの場面
〇〇測り辛いが、〇〇MAを上抜けた山で測ってみると〇〇ピッタリで止まり、下げている
直近下降の〇〇を下抜けており、このまま下げるなら〇〇、〇〇か〇〇MAまでありえるか
しかし、非常に強い上昇のあとなので、このまま一気に下げるとは考え辛い、注意
〇〇4h1h共に〇〇〇〇〇〇〇〇(下げ強い?)
5m
〇〇MA水平から下降へ
高値あたりでグシャグシャと横ばいだったが、〇〇MAに押さえられて下降
明らかな下げ始めの山の〇〇に到達している
下降〇波か、〇〇MAが効いている
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
<エントリー根拠>
上側〇〇〇〇〇、直近下降の〇〇に届かず〇〇MAに押さえられて陰線〇〇MA下抜けで売り
下げた先なので〇〇まで
もしくは、直近下げの強さと時間足レベルでの下げを見込んで〇〇まで

うむ、遅きに失した感はあるが、入れそうである。
……かなあああああああぁぁぁぁぁ?????
日足見たらまた印象が変わるところですな。
リアルタイムで見てたら
「フフッ…乗り遅れたぜ…俺もヤキが回ったもんだ…」
ってニヒルに笑ってヤケバーボンしてるところかな。
似蛭田妖、好きだったなぁ。(まだ言うか)
2018-06-11_012953.png





ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 - FX検証・学習

  関連記事


PAGE TOP