まーたお金儲けちゃうね参ったね – FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

FX勉強会トレード~きちんと環境認識して準備していれば、日中でも細かいトレードはできそう

      2018/08/03

           

FX勉強会参加者のすみたです。
<先週の添削と週ごとの経緯>
2018-02-08_1.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、 ×:こりゃダメだ)

2018-02-08_2.png 
時間足で見ると前回最高値から強い勢いで下げた割には、ある節目を確認して急な折り返し。ほとんど押し目も付けず、グイグイと上げています。直前の下げを帳消しにしそうな勢いです。
もうすこし下げてくれれば美味しい買い場も探せそうなものですが、ぜんぜん落ち着く兆候も見せないので、ルール適用を探してちょっと買いはできそうです。

これはしばらく売りはないな、と思いつつも重要な節目ではさすがに停滞したので、ちょっとは売れるところもありました。でもそれも結局ちゃんとした下げはなくて再上昇してきました。相当強い上昇圧力があるようです。
だんだん上昇目途の手がかりも少なくなってきたところで、「売りはまだ先だけど、もう買いは危険ですよ。」みたいな臭いがプンプンしてきました。
この「そろそろ」感が出てくると売り急ぎたくなる自分にも警戒フラグを立てます。そうしないとただのスケベ売りをしてしまいます。

①NM ということでルールどおり売れそうな形で実際下げていますが、私はどちらかというと再度の上昇の方を警戒していました。

先週木曜のこの場面、時間は13時過ぎ。昼にチャートを確認していて「きちんと下げるならこんな形ではないなぁ。これでひと段落して下げ切らなかったら上昇かな」と思って見ていました。

そして少し時間をおいてスマホでチャートを見ると①から下げてきたところでした。「これはこの直近下値を割っていかない中途半端な動きでパタンにはまったらいい買い場だな。1時間おきに見ようっと。」
と思ったものの、次にチャートを見たのは16時半。「あちゃーこんな時間だ、あいつ(GBPJPY)はどうしてるかな。」とスマホを見ると

②〇 ちゃっかり想定の感じから長めの陽線を契機に上げてます。
実際に入れなかったのは残念ですが、それよりも想定シナリオどおり動いたという手ごたえを感じられたのが良かったです。これはひょっとして今週の良いトレードポイントかもとも思いました。解説でも「ここで入れたら最高」とのコメントがありました。

今回この経過を見ていて思ったのは、きちんと環境認識に基づくシナリオを立てておいて、仕事中にちょっと休憩する時間をコントロールできれば、短く狙うエントリーはできそうだな、ということです。勉強会ではエントリー後の放置は推奨されていませんが、実生活でチャートと付き合うためのヒントになったと思います。







ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

 - FX検証・学習

  関連記事


PAGE TOP