まーたお金儲けちゃうね参ったね – FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

「 月別アーカイブ:2018年06月 」 一覧

fxで勝てるようになるには、きっと自己肯定も必要なのでは?

  2018/06/30     

この記事はだいこくが書いています。

===================
 今週のトレード
===================

2018/6/25 GBP/JPY 買い+50.6pips
 630投稿画像


解説動画で、素晴らしい。とされていたポイントです。
おじさん素直に嬉しいです。が、やはりエントリーがちょっと早いです、何故ヒゲ先で
入っているのか・・ ○漏はいかんですね。
しかーし、いい所で入れた自分は褒めてあげたいです。

=================
 自分を肯定する
=================

最近fxをはじめとして学習をする中で、「自分を肯定すること」
が大事なんじゃないかなぁ。と思っています。

先生も前に仰っていましたが、出来ない部分、ダメな部分に
焦点を当てて、自分を責めてしまうと、気が滅入ります。

例えばfxでいうと、ダメダメなトレードをした時や、
自信を持っていた場面なのに、ビビッてエントリー出来ずに見送り、
その後自分の思った通りに相場が動いた時。(全部私の事です笑)

そうではなく、自分の出来た事、前と比べて成長した点を見てあげる。
今日も予定通り30分勉強出来た!とか今日は10pips取れた!とか。
プラスの面に焦点を当ててやると、気持ちよく、学習、成長が継続出来る事を
実感しています。
bff3b045a2d4be23f9c299849240b99a.jpg
 

とはいえ、自分を省みる事も大事だとは思います。
俺すげーー、だけでは成長の速度は落ちてしまうので、
反省する所はしっかり反省し、改善していく。

全体的には自分を肯定してあげる。
その中で部分的に否定する(直すべきところ)箇所を
見つけ、直していく。そのバランスが肝要なのかなと思います。

なんだか真面目な話になってしまいました。
私は元来自分の事があまり好きなタイプではないのですが、
これからはもっと自分を褒めて、好きになってあげようと
思ったりしちゃったりしています。

40前のオッサンでだいぶ白髪も増えてきたけど、好きになれるかなぁ笑

今夜は個人開催の座談会があるので、張り切って出席したいと思います。







ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
  -  FX勉強会

これまでFX勉強会の座談会に参加してみて

  2018/06/29     

以前、少数派(他人と違うことをすること)がカッコいいと勘違いしていた時期がありました(中二病)。

それがFXでは致命的ということを痛感している“逆張りオジサン”こと、金曜日担当のはじめです。



【トレード報告】
買い ほぼ建値、+7.0pips、+10.6pips

20180629 
都合のいい報告だけではいけないので、たまには(お見せできる範囲の)やらかしたトレードも・・・。

1日の振り返りでようやく気が付きましたが、左2つのトレードはエントリーするべきポイントではなかったように思います(しかも、くそったれ決済のおまけつき)。


右のトレードに関しては、エントリーポイントは良かったのではないでしょうか。

しかし、利確がいけませんね・・・。

もう少し上に指値を置いていたのですが、届かずに下がってきたところでビビッて決済。

結局、その後伸びていって目標値に到達。

1日10pips抜きをルールとして決めているのであればいいのかもしれませんが、勉強会では1回のトレードで20~30pipsは取ることを推奨されているので、これから改善していかなくてはいけません。


ちなみに、同じようなポイントでエントリーした私以外の方々は、きっちり上で利確されていました。


201806292.png


私も完全体になれさえすれば、先っぽで利確したり目的地まで保有したり超ベジータを一蹴したりできるのかもしれませんが、まだまだ修行が足りないようです。



【これまでFX勉強会の座談会に参加してみて】
勉強会の中では、定期では月に1回土曜日の夜に座談会が開かれています。

座談会が開催されて半年が経ちましたが、一応皆勤なのでエッヘン(何の自慢にもならない)、これまでの体験談を語ってみたいと思います。


記事が長くなってしまったので結論から言いますと、「座談会、いいよ」ということです(小並感)。


もしかすると勉強会に参加されている方の中には「自分はまだ勝てるようになっていないから」とか、「話に付いて行けなかったらどうしよう」「人と話すのが苦手だから」等々の理由で参加を敬遠している方がいらっしゃるかもしれません。

座談会あるあるで、
調子が良かった週は「ウッキウキで参加します。15分前にはログインしています。進んでチャート共有します。いや、見てください。」
逆にやらかした週は「座談会に参加するのが億劫です。開始時間ギリギリでログインします。チャート見ちゃらめえええ・・・できれば共有したくありません。」
というのがありそうですが(あるあるというより、私のことでした)

けれど、私はそういった方こそ(参加条件を満たしているのであれば)、思い切って参加してみるといいのではないかと思います。

それも数回参加してやめるのではなく、時間が許す限りは継続して参加することが大事なような気がします。


かく言う私もまだまだ未熟なウ〇コトレーダーですし、且つ緊張しやすい性格で電話等の表情が分からない状況での会話が苦手なので、毎度緊張や不安で一杯です。

特に参加し始めの頃は何を話していいのかよく分からず、とりあえず参加している状態だったので、正直効果も現在ほどは実感できませんでした。


しかし、何回か参加してみるとわかってきますが、すごく脳が働くのを実感できるようになると思います。

例えば、勉強会のトレード報告において、やらかしたトレードを報告し先生から直接指導を頂く。

この時の内容というのは、より鮮明に頭に残ってはいないでしょうか?

それと同じで、自分の恥ずかしい内容のトレードを晒しながら会話をすると、その時の内容というのは頭の中に刻まれているのが分かります。

さらにそういいた時には、気づきやアイディアも生まれやすいです。


ただし、トレードと同じで毎回100点満点の内容になるとは限りません。

もしかすると会話のレベルが高すぎて話に付いて行けず、空気みたいになってしまうことがあるかもしれません。
r>
緊張のあまり、とち狂った質問をして場の空気を凍り付かせてしまうことがあるかもしれません(必死こいて絞り出した質問が、「MT4の使い方を教えてください」など)。

話したいことがあったにもかかわらず、結局話を切り出せないまま終わり、不完全燃焼で時間切れになることがあるかもしれません。

上記の例は全て私の体験談ですが、私はこういった失敗?があっていいと考えています。

レベルの違いを思い知り自分の基準値の低さ、未熟さを痛感することで、それをバネに学習に取り組むことができます。

上手く話せなかったことで、次はこうしようといった工夫やこういったことを話そうと考えるきっかけにも繋がります。


私の場合は、ガッツリチャートを見ながらトレードのことについてあれこれ話すのも勉強になるのですが、それよりも普段考えていることや悩みなど、そういった他愛もない話をする方が楽しかったりします。

早速先日もやらかしてしまい意気消沈していたのですが(笑)、座談会で会話することで解消され、来週からも頑張ろうという気持ちになることができました。



常にトップ集団にいることが大事』

“FX勉強会”におけるトップ集団とは、勝てている集団ではなく(勿論それも大事なのですが)、それよりも学習に対する正しい取り組み(取り組む姿勢)ができている集団だと考えています。

また、オカルト的な話になりますが、意欲的に取り組まれている方は例外なく良いエネルギーを発しているので、ご一緒するだけでもエネルギーを分けていただけます。

そういった方々と接することができる座談会は、とても貴重な場ではないでしょうか。






ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
  -  FX勉強会

PAGE TOP