★FX進研ゼミ★鉄壁定番トレード手法・丸暗記しよう構文4

日曜担当のヤドカリです、こんにちは。今週は珍しく「鉄壁定番トレード手法・丸暗記しよう構文4」みたいな感じで、赤ペン先生にマルをもらえました(^^) 暗記一発20pips、すばらしいですね!し・か・も、先週の記事とまるっきりおんなじ状況でして、再現性パネ~!!!……ううううう(泣)できたのはブログに書いたお陰なんです。ずっとできなかったんです。できたの初めてなんです、本当に。読んでくださった皆様、ありがとうございました(号泣)

【丸暗記しよう構文4】
バイーンの戻しは20pipsでサッサと勝ち逃げ!

えーと、ちょっとゼミっぽく書いてみました(^^; 具体的なトレードはこんな感じです。ご理解いただきやすいよう、心のつぶやきもご一緒に。①から順番に番号を追って読んでいただけるとわかりやすいかと思います。30分間のはらはら感、お伝えできますでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャートを見たらバイーンが出ていたんですね。冷静になって振り返れば一番長いロウソクの途中でしたね。ここで「うお~バイーンが出ちゃってるよ~もう何にもできないよ~」と先週お伝えしたように思考停止に落ちかけたんですが(先週の記事はこちら)、ここからが今週の私が先週の私とは違うところで。

「違う、違う!戻しだ、戻しがある!!!」と気持ちを持ち直し、「ん?戻し??ってことは、どこからの戻し?こんなに伸びてて5分足じゃ何もわからんちーの。1時間じゃ、ヒントは1時間にある!

とまあ、慌てて1時間を見ましたよ。そしたら、支えたり押さえたり、何かとやってくれる大好きな200MAがすぐ上。しかもわれらが勉強会の伝家の宝刀「フィボナッチ○○の○○○」が、この200MAにしっかり重なっているわけですよ。

どえ~~先生、先生、私、わかりました。こんなに立ちはだかってたら、ここで止まらないわけないじゃないですか!ここで待ちうけ、すぐにインしたかったんですけども、サクッと上ぬけやがった!ぬぐぐぐぐぐ……まて、まだ負けたわけじゃない。大好きなあれと伝家の宝刀が2つも重なってるんですよ。信じろ、ここは信じろ……はい、きた~!下がりました~!ありがと~~!指値入れるよ~!自分、ビビッて余計なことする前に指値入れるよ~!20pipsくらい?このへん?このへんかな~

というのが一連の流れですね(^^; お目汚し失礼いたしました。

【補講】バイーンはどこまで?ヒントは上位足に。

ところでバイーンがどこまで伸びるのか、その目安をどこにとるかがバイーンに遭遇した際の一番の問題になります。今回は上位足が助けになってくれました。先週のブログで書いたバイーンは今回とは逆で下げのバイーンでしたが、全く同じように上位足の伝家の宝刀が機能しました。そうなると、バイーン→とりあえず上位足確認!という動作は、パターン化してよさそうな気がします(あくまで私は思うってだけなんで)

【丸暗記しよう構文3】
バイーン、1本目だったら飛び乗れ!

あのですね、それにしても、ですが。そもそもバイーンは飛び乗るのが正解です。先生もしっかりおっしゃってますね。ただ1本目か、ぎりぎりその次までとのこと。上に行ってしまったら諦め、丸暗記しよう構文4へ移行する。これはより重要な丸暗記構文だと思いますが、今回も自分は見事にできませんでしたので、最後にこっそりあげさせていただきました。でも次は、バイーン飛び乗りました!とご報告できるようにがんばりますね。ここに書いたので、できる、と思います。ではでは来週も、がんばります!