FXでは目先の1トレードも大事ですが、トータルで見てどうか、もっと言えば今は全体のどの部分なのかを把握することが大事なのかも、と思いました。

こんにちは。
KOSUKEです。

いつも動画解説や、ブログ、ツイッターなどで先生から

『目先のことに一喜一憂せずに、継続すること
トレードはトータルで考えること』

という内容のことを何度も教えていただいてきました。

トレードを勉強する際に、目先の勝ち負けに振り回されずに(ふてくされずに)
学習を続けることは大前提としてとても大切です。

そして、もちろん目先の(例えば今日の)トレードをする際に

・ルール通りに分析はできているか
・分析した上での環境認識に間違いはないか
・個別のエントリータイミングは自分なりのルールを守っているか

といったような個別の項目に対して集中することはとても大事です。

ただ、トレードというものは一回のトレードの結果で成果が出るものではなく
週3回とか5回とか、月15回とか25回とか
複数のトレードの結果です。

なので、全体としてどうなのか、ということも大事です。

全体としてどうなのか、ということは、例えば一か月を通して考えればやりやすい所と難しい所があるわけで
全部を平均してどうなったのか、ということなので、

今が例えば一か月の相場の中で良いタイミングなのか、悪いタイミングなのか、
ということを、客観的に意識する、

というのは先生にいつも教わっていることを書いているだけなのですが
そういう大きな視点で今日の相場はどういう立ち回りをするところなのか
ということを認識しながらトレードすることが結構大事なのかもしれません。

例えば先週の相場は、私のようなへたくそでも取れているので
うちの勉強会の手法では取りやすかったに違いありません。
つまり、11月の中では『取らないといけない所』だったのかもしれません。

転換部分でバタバタしなければ(ここがだめな所 しかもアップしてませんすみません)
週で+100PIPSです。

これはうちの手法ではエリオットの〇波なので
買ってればいい所です。

それに対して今週は上昇に対する調整になっているように見えるので
うちの手法では『先週よりは難しい所』といえます。

なので、あまりやらなくてもいいし、負けないようにするところかもしれません。
実際あまり納得のいくポイントがないので今週はトレードしてません。

いつも月火と良いトレードができずに水木あたりになってくると
『やべ、今週勝てるかな、何かまずいな』みたいな雰囲気が流れてくるのですが

そりゃあ、先週と今週では(毎週そうですが)相場が違うのでしょうがない、とも考えられます。
もちろん私は未熟なので、わからないポイントを逃しているということもあります。

ただ、夕方くらいから上げてきているので、ここから上げてくるのであれば
うちの手法では取りやすい〇波なので、後半買いでちょっと取れれば良い、という週になるのかなあ、
と今は思っています。