ユーロ円でも大丈夫。fx勉強会手法と最近の課題について

この記事はだいこくが書いています。

ポンド円はしばらく続いていたレンジから、下降の動きになってきました。
4h足で直近一連の上昇のフィボナッチリトレースメント61.8も突き抜けているように見え、下降が強いとも見れますが、どうでしょうか。
来週はどうなるか不明ですが、分かりやすい相場が続いてくれればいいなぁ、なんて思ってます。

===================
今週のトレード報告
===================
2018/10/24  GBP/JPY  sell +28.9pips

先週はトレードなし、先々週は他通貨に浮気してましたが、今週は久々に本命、ポンド円でトレードしました。
仕事中だったからは言い訳ですが、エントリーが早く、勉強会のツール的にも、もう少し上からの売りが正解でした。

エサを目の前にして、我慢できない残念なワンコ的なエントリーという感じです(汗)
利確はもう少し下までを狙っていたのに、ビビリ決済で、反省点だらけのトレードになりました。

2018/10/25  EUR/JPY sell +65.5pips

ポンド円本命と言いつつ、今週も浮気して他通貨に手を出していました。
分かりやすい形で、大好物の戻り売りトレードです。
上記の反省を踏まえ、エントリーはしっかり待って入り、少し時間がかかりましたが、利確も目標ラインまで到達。
運もよかったかもしれません。
ともあれ、ユーロ円でも勉強会の手法はバッチリ通用することが再確認出来た事が収穫でした。

====================
最近の課題
====================
・伸ばすべきところで利益を伸ばす
相場分析から何やらかんやら課題は山積みですが、最近特に改善したい点が利益を伸ばす事です。
押し目買いにしても戻り売りにしても、大体直近高値(安値)までを目標にする事が多いですが、
新値を更新して伸びる時に引っ張れればなぁと最近感じていました。

勉強会の手法では、20~30pipsを取って終わるトレードが基本ですが、上位足でのいいポイントで入れた時など、利を伸ばす努力をやっていこうと思います。
仕事中は基本指値を入れて放置になりますが、見れる時は目標付近での値動きを見て、決済タイミングを見極めないとですね。
そもそも伸ばす所なのか、サクっと終わる所なのか、的確な環境認識能力も求められそうです。
トレーリングストップなども検討して、色々試してみたいと思います。