戻り目はココではなかった。じゃ、切るか?でも…きっと下がるわよ!そーよそーよ!でも、100pipsの損切りまで耐えられるのアナタ?って話。

こんばんは。掃除の神様が未だ滞在中で、捨てまくり拭きまくりのぽてこです。
今日は久しぶりにトレードしました。
えへへ、こんなトレード。(えへへ、じゃないっていう)

わあ~、含み損スゴイですよ奥さん!

冷静を装いつつ、般若の形相でピーマンにせっせと肉を詰めていたのですが、接着のための片栗粉を振り忘れ、肉がピーマンから外れて全然詰まってないピーマンの肉詰め完成と相成りました。
キミ、詰めが甘いよ。

1時間足を見て陰線確定で入ったのですが、ルール的には遅いし、後で見るとダメですね。
下がると思ったんですけどね…。
損切りは1hの主要MAやTLが重なりそうな所、およそ100pipsに置いていました。
もう、損切りラインが見えてきた。
覚悟を決めたはずだけど、デモデモ…どうしよう。

動画解説の中で、先生がおっしゃっていた
「人間の感覚よりも相場の動きは遅くなる傾向にある」
という言葉が魔法陣グルグルしていました。

ピーマンに詰まらない肉を詰めている間に、次の戻り目はココかなあと思っていた所からドンドン下がり始め、80pips近くあった含み損が20pips程度になりました。
そこからジリジリと肉詰めを焼きながら、ジリジリと動くローソクを見ていたんですが、このような精神状態でした。

「ひゃー!20pipsの損切りなら御の字だわあ!」
(でも…待てよ…最初の目論見通り、下がっていくんじゃ…?)

「いやいや、建値近くまで来ただけでありがたい!」
(うーん、ここ売りで入れるポイントかもぉ~?追撃もアリかもぉ~?)

「朝立てた計画は崩れたんだし、現時点で冷静な環境認識が出来ないなら、ここで決済!」
(いやいや…デモデモ…)

「デモもストもない!ここで決済!」
(OK、わかったよ!キミには負け…ん?おや…?)

「おや…?」

おや~~~?ちょっと来た感じ?そんな動き?ポケモン生まれるかな?

下がった!下がりましたよ!
でも、これ以上望んだらさすがにバチが当たる。
というわけで、29.2pipsで御の字御の字、決済しました。
ここからドーンと下がりそうだけど…泣かない。
上がったら高笑い。

そんなトレードでした。
おしまい。

この含み損をよく見直して、反省します。