先週1週間の全てのトレードを振り返ってみたいと思います

金曜日のブログ担当、はじめです。

<先週1週間の全てのトレードを振り返ってみたいと思います>
先週はトレード報告をしていなかったので、先週1週間全てのトレードをまとめて振り返ってみたいと思います。

①売り −47.1pips
記念すべき、今月一発目のトレードがこれ。直前の下降を取り逃した悲しみを晴らすかのような、相場の状況を完全に無視した感情的なトレード。忘れた頃にやってくる、改善すべき悪癖の一つ。
決済をするポイントでエントリーしており、当然の如く損切りをキメることに。どう考えてもエントリーは×なのだが、損切りに関してはもう少しマシな損切りができたのではないかと思う。
一発目はロケットダッシュをキメたかったのだが、思い切りズッコケてしまう結果に。

②売り −22.1pips
エントリーポイントは〇。自分の他にも、同じポイントでエントリーされていた方もいた。
ただし、決済に関しては×。相場状況から判断すると、安値更新は狙わずの位置を目途に利確するのが望ましかった。

③買い +44.8pips
エントリーに関しては△。エントリーしてもいいポイントではある。
ただ、先ほどのトレードと同様に決済がいただけない。利益にはなってはいるものの、無駄な戻しを挟んでしまっている。伸びきったの位置での利確が望ましかった。

④買い +12.7pips
「先っぽだけでいいから」とスケベ心丸出しのトレード。その結果、「なんちゃらキュンキュンタイム」を堪能することに。
もちろんエントリー、決済ともに×のダブルパンチ。余計なトレード。寧ろ、売るところ。

⑤⑥売り +19.0pips、+15.0pips
エントリーしてもいいポイントではあるが・・・。できればもっと上方で売りたいところ。
もう少し下に指値を置いていたが、怖い場面だったのでちょっとだけ取っておしまいにした。

⑦売り +0.5pips
エントリーポイントは〇。
しかし、決済に関してはもちろん×。なぜか上位時間足の安値までは下降すると思い込んでおり、利確するべきポイントをスルーし保有し続けるという愚行に走った。
その後、決済直前の上昇により目が覚め、運良く戻してきてくれたところで建値決済。の位置に根拠もあるので、そこでの利確が理想。

10月第1週の結果:+22.8pips

プラスで終えることができたとはいえ、7回もトレードをしてこれっぽっちとは・・・。

戦車並みの燃費の悪さですね。

それよりもトレードの質(内容)が悪すぎます。

プラスで終えることができたのも、運が良かっただけかもしれません。

全体的に、エントリーに関してはまずまずのトレードが多い結果(5/7トレード)となりましたが、決済が酷すぎる・・・。

そもそも現状は馬鹿みたいに保有して伸ばす相場状況ではないですし、勉強会では波を1本取っておしまいにするスタンス(20~30pips)が推奨されています(特に私のような未熟なうちは)。

「余計なことをすると痛い目を見る」ということを再認識した1週間でした(何回目やねん)。