いかにも下抜けていきそうな形に見えるけど、何度も止められているうちは抜けることは考えなくてよい。抜けてから考えれば良いのだから。~FX勉強会から~

勉強会参加者のすみたです。

これまで力強く続いた上昇が最後のダメ押し的で突飛な伸びを見せて終わり、一通り上げのリズムが終了した感じとなりました。
そこから次の局面と言えそうな下降が始まって、先週も前半はその流れに沿って動きました。
まさかこの形から全戻しというのもあまり見たことないな、と思っていたら、現実にそうなりました。
でも前回強く上げ始めた起点付近に強力なサポートがある様子です。
かといって、すぐさま分かりやすい反応があるのか、といえばそうでもないです。
ジリジリと下値を攻めています。結構下向きの圧力も強いようにも見えます。
ここまで見てきて基本方針は「分からない」です。でもあまりに執拗に下へ割っていかなければ
5mでタイミングを見て買うのはありそうです。
ここまでの動きであまり見たことのない形でもあり、ちょっとどうしようかな、
と思っているところに、混乱に拍車をかけるように再度長くて強い陽線が出現ですよ。
正直上にあるレジについては良く分からなかったです。
上の方で下げたら着いていく一方で、下のサポートは分かりやすいので、
下から買い狙いという反復横跳び運動のイメージで行くべき相場だったようです。
下のサポートはこれまでのところ強力に機能しているようです。

ここはそんな分からない動きの合間にちょっと落ち着いてきた感じの場面。

①NM 直前の動きを見て買い場を狙っているところ。
しかし、ここまでの流れ、特に直前の動きを見て長く持つのはダメとのことです。基本は「分からない」なので。
②○ ここまで待ちたいと思いました。
③○ 結果的に最後の上昇局面です。やはり長くは持たない警戒スタンスが良かったみたいです。

ここでささやかな高値更新が終わって下げてきますが、この上値からの下げ直後のタイミングでは売り理由を見つけられませんでした。

④○ ここまで来てようやく売れそうです。陰線二本分取るだけでも結構値幅があります。

⑤○ 最後のひと絞り的なところ。今週はトレードなしかなと思っていたところ、最後にたまたま入れました。20pips。
ここは大きく見てサポートが効いていますので、伸ばせない前提を持っているなら入って良しという感じです。
下値サポートを割っていくかも、なんて考える必要はありません。
それが起こってから考えれば良いからです(自分に反復言い聞かせ)。

<先週の添削と週ごとの経緯>

凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:解説にはないけどダメではなさそう、×:こりゃダメだ)