トレードの焦りとか怒りなどの感情を解放させて冷静になる方法

これを書いているのはtakeuchiです。
最近、知り合いからこんなメッセージが来ました。
「逆境こそ熱くなる俺は、FXでも逆張りが好きみたいだな!」
仲の良い友人なのですが、さすがにこのメッセージを見て脳みそがとろけそうな感覚にとらわれました。逆張り好きは、逆境が好きなのでしょうか・・・?
———————-
今週のトレード
———————-
8/3(金) GBPJPY 売り +31pips

 

今週は他の通貨も見つつ主にポンド円のチャート監視&トレードを行っていました。
7/31の良くわからない値動きからの、良くわかる値動きの展開は好きです。
売りなのか買いなのかやるべき事が明確になり、チャート監視している時のモヤモヤ感が無くなります。正月元旦の朝にパンツ履き替えたとき並みに気持ちがスッキリしますね。
(木、金とダラダラ下げてしまい、結局モヤモヤ感が再び出てきてしまったわけですが、、、)
今回の売りですが、チャートの形から安値付近までは下げそうだけど、その先は分からないという理由から安値付近での決済としました。
30pも取れれば十分ですよね。
——————————————————————
トレードの焦りとか怒りなどの感情を解放させて冷静になる方法
——————————————————————
僕は毎日チャート監視するようにしていますが、
昔は相場が分からない時でもトレードがしたくなる時が多々ありました。
昔はそういう時でもトレードして悪循環になる事が多かったですが(汗)
だんだんとトレードしたい気持ちの処理できるようになりました。
その気持ちの処理の仕方の1つが、
最小枚数でポジション持つ
というものです。
そのあとは損切だろうが利食いだろうがお構いなしです。
トレードしたい気持ちを我慢もせず、他の事で紛らわせもせず、
トレードしたい欲求をポジションに乗せるだけで妙にスッキリして、
そのあと、冷静にチャンスを持てる事に気付きました。
結局、よけいな事しているだけなので、
今はその行為もほとんどしなくなったのですが、
一時は絶大な効力を発揮していたのに間違いはありません。