FX:勉強会トレードから~こういうやや難しい局面での振る舞いで身の程を知るのも勉強。先生と同じことができるかもなんて微塵でも思えばケガしそう。でも「難しい」とわりと簡単に判断できるから、そう割り切れるだけの気もする。

FX勉強会参加者のすみたです。
2週間半ほど買っていれば良い相場が続いていましたが、高値をつけて、ある契機から下げてきました。
このタイミングは別に違和感ない、選択肢の一つという感じでしたが、問題は下げ方でした。勉強会的な見立てだともうちょっと釈然としない形でジグザグとして、売りも買いもかなりの警戒をもって望まないといけない感じで動くのが想定でした。この下げ方はそれとは正反対に下げ始めから結構直線的で鋭い動きなので「ん??」と思ってまずは基本様子見、時々売れるかも。でも要所に来たら買えるかな。それはあのあたりだろう。というスタンスで見ていました。
結局下げ途中で売り時々買いのチャンスが節目の数値でありましたが私はその場面ではタイミングが合わなくて入っていません。
私が入ったのはその強い下げが始まる手前でした。
2018-07-26_01.png 
1時間単位で見ると、もう「そろそろ感」を感じて良さそうな高値に来ています。ここからもう一息高値を付けてから下げるのか、アレまでもう少し接近してから下げ始めるのか?達しなくてもおかしくないけど。。という微妙なところです。
①NM 前回高値からの下げでどうにも下げが続きませんので、この辺から買ってよさそうです。このポイントで買えたら楽ですが、途中で買った場合に翻弄されそうな気がしました。
②× 下げるなら下げ始めておかしくないところですが、直前の下げの動きをもってしても下げないのを見てちょっと買ってみました。+29.1pips
でもそのあとの動きを見ると大変危険な位置だったようです。
むしろ5分で理由を見つけて売り始めてもよかったようです。
③NM 結果的に一番すんなりと取れたのがここでした。
④NM こういう売りってかっこいいですね。私も注意して見ていきたいです。
⑤○ これは勉強会である方が久々にあるツールを使ってタイミングを計っているのを見て「しまった!気づかなかった。」と思いました。
先生おすすめの「『1日30分』を続けなさい」に続いて「小さな習慣」を読み始めました。
どちらも私好みの考え方なので、子供にも刷り込もうとしていますが、これはこれで教え方のスキルを身につける必要がありそうです。
<先週の添削と週ごとの経緯>
2018-07-26_00.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:解説にはないけどダメではなさそう、×:こりゃダメだ)