FX勉強会トレード~時間足との対話はまだまだ足りないっす

FX勉強会参加者のすみたです。
<先週の添削と週ごとの経緯>
2018-01-25-1.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、 ×:こりゃダメだ)
時間足では大きく急に下げてきたあとの戻し。
気にしている節目はふたつ超えてきて、更にもうひと上げしました。
2018-01-25-2.png 
ここはある目途が立てられたところで「やっぱりそこで止まるのですね。上手いことできてますね。」と思ってしまうところでした。そこから急落が始まります。
でも売るにしては契機が分からなくて、
①「うわわ、やっぱりピンポイントで下げてくるんだ。ちょっとは揉んでくれよ・・」と指をくわえてみてます。
②③あたりでようやく売っていけるかな、と思いました。
あとで解説をきくと、①は「狙っているところでしめしめ、というところなので天辺で入っても良い。ルール外だが入るなら早めに入るべき」とのことでした。
そういえば前にも同じような場面があったと思います。
こういうのが先生仰せの経験則のひとつなのかもしれません。
そしてこの下げをもっていよいよ時間足で、大きな下げ→戻しから→再度の下げの続き、といくのではと期待するのが本筋。
④いい感じの戻しで距離的にも絶妙な位置。
 ここは一回目の座談会でお話させていただいた方がベストトレードとして紹介されていました。ここで入れたら最高でしょうね。直近下値まで伸びています。
そしてすぐに戻します。
本当はこの戻しで環境認識的に「あれ?おかしいぞ」と鼻が利かないとといけない・・・
解説で知った次第です。
⑤ 私は安易にここで売ってしまいました。直近下値よりちょっと上を目指していましたが、そこまで届くことなく戻したところで決済しました。
⑥ 「おかしいぞ」ということをきちんと察知していたら、この辺りでの買いをしているはずです。
時間足との向き合いがまだまだ足りません。
それはそうと、ふと今週火曜日の仕事の合間にスマホでチャートを見たところ、
こんな形になっていました。
2018-01-25_3.png 
⑦⑧「これはトレード報告がアップされそうだな」と思ったら、この辺で買っている方々が結構いらっしゃいました。
そしてこれだけの勢いで直近高値まで上げましたが、定番の節目は超えられず、すっかり全否定の急落・・
ここから先のシナリオは基本的に買い場待ちですが、短期的には少し売っていけそうです。
週末の解説が楽しみです。