FXトレード 行き着くところは環境認識

土曜日のyoshy00です。

今年も終わりなので、成長したなと思える面と、ここは修正できてない面と、新たに浮かび上がった問題を振り返ってみたいと思います。
成長したと思える所。
  エントリー回数が減った。 結果、無駄な損切りも減った
(ようやくポジション持つことはリスクでもあると腑に落ち始めた)
  多少の含み損を甘受できるようになった。前は10PIPSも逆行すると絶望的になり不合理な損切をしていた。
  環境認識をしっかりして良いポイントまで引きつけることができるようになった。
修正できてない所
  ポジションを持つと視野狭窄になる所。せっかく順行しても5mのちょっとした反発でビビって
利を伸ばせない事。
  ここだという所で少しためらい様子見してるうちに値が動いて結局見送ってしまうこと。
  すぐ熱くなること。
新たな問題
  環境認識、シナリオの間違いを認めるのが遅いこと。
  プランBを考えてないこと。
  レンジ相場への対応。
うーん色々書き出して見たが、結局すべて環境認識に行き着きます。
しかしこればっかりはお手軽に習得できるものでないので。
ケーススタディとイマジネイションの試行錯誤しかないですね。
これが次の大目標になりそうです。