KOSUKEです。良い振り返り・悪い振り返り。

こんにちは。
KOSUKEです。

今日は振り返りについて
気づきがあったので
アウトプットの意味も含めて
書こうと思います。

まず、毎日毎週の振り返りの主な目的は
簡潔に言うと

『自分のトレードが手法通りできているだろうか』

ということが一番大事で、
次に手法通りにできたとして

『どういう時がうまくいきやすくて
 どういう時に失敗しやすいのか』

ということを確認しながら経験を積んでいく
ということが大事だ

と思います。

で、
手法通りできていなかった場合
どのような時に手法以外のトレードをしてしまうのか

ということを振り返って認識して
次は同じ過ちをしないように整理して
対策を立てる

という流れになると思います。

これは、たとえば

長い時間チャートを見ていると、思考力が落ちてきて
負けやすいから、チャートを見る時間を区切ろう、

とか

重要なことに気付かないでエントリーするのを防ぐために
チェックリストを作ろう

とか、比較的簡単というか
対策の立てやすいものが多いと思います。

もう一つの

『どういう時がうまくいきやすくて
 どういう時に失敗しやすいのか』

という経験を積んでいくことが、
結構大変というか技術の必要な所に
なっていくのではないか、と思います。

下降トレンドの中で買いをしたい場合は
どの数値で買うとうまくいきやすいけど
ここだとまだ早い、

とか

この手の経験というのは
同じような環境で何度もトレードして
その経験の積み重ねで
初めてできるようになるもので

それが勝つために必要な本質的なトレードの技術
ということになるんじゃないかと思います。

トレーダーとしてプロになるためには
技術の向上が絶対に必要で
そのために毎日トレードと振り返りをしているわけです。

そうすると
技術の向上に必要な経験を得るためには
同じルール通りに毎回トレードをしないといけないわけですから

ルール以外のトレードをしても
振り返る意味がない、というか
経験にはならないので
トレードする意味がない

ということになります。

結論から言うと
『手法通りのトレードを心がける』
ということで、当たり前のことでした。

自戒のため。

ちなみに
損切りできなくて大損することも
とんでもない所でエントリーすることも
後でやっては大変ですから

何でも勉強なので
早いうちに経験したいと思っていますし

そういうことは大事なことだと思います。