フィボトレードの魅力

季節の変わり目というのは体調を崩しやすいですね YOSHY00です。

さてもう少し過去の振り返りを
私が勉強会に参加したのは2016年の10月でした。その頃は89手法という完全無裁量の手法のコースしかありませんでした。
これは日足 4時間足 1時間足の確定でトレードする手法でした。
数ヶ月の検証とデモトレードの後リアルトレードに移行
毎月5-10%の資金増加に気を良くして 欲を出してルール違反をしてそれまでの利益の多くを失ってしょげていた頃
先生が裁量トレードのコースを新しく開設なさるというではありませんか!
すぐ飛びつきました。
厳格なルールの89手法のエントリーチャンスが少なさに、もう少し裁量の余地があればと思っていた自分にはベストタイミングの告知でした。

新手法はフィボトレードというのですが この手法はまず1時間足を使って環境認識をします。
ある数値の平均線の向きや角度 エリオット波動の何波にあるのか?フィボナッチのどのレベルに価格があるか?トレンドラインは?
それらを総合的に判断してどちらに価格が進みやすいかを判断 その後5分足のパターンや状況を見てエントリー
決済はある数値のラインと具体的に教えてもらえます。02.jpg  あまりいい例ではないかもしれませんが木曜日の夜のトレードです。
夕方見ることができたらもう3-4箇所入る所があったはずです、すべてルールのパターン通りです。
(だと思います・・少し不安)
週末に一週間の解説と正しいエントリーポイントが動画配信されます。

 フィボトレードのかんたんな紹介でした。