トレードのDieジェストを眺めてウットリする変態が1人おったそうな

これを書いているのはtakeuchiです。

今週はトレードチャンスがあるものの、個人的に好きな売りの形がなくて枚数は控えめにトレードしてました。なので、資金の増減も緩やか。

とはいえ、焦るとロクなトレード出来ないので期待せずにリアルタイムのチャートを分析しつつ、空き時間はFT2で練習していたころのトレード画像を見直しています。

見直しで取り組んでいる事は、1000近くある練習画像をとりあえず2つに分類。
下手(危ないトレードとかエントリーしてすぐ決済しているトレード)か下手でないかで振り分けてみました。

結果は、
下手ではない:下手=4:6
くらいの割合。

そして下手と判断したものを中心に分析しています。

下手なトレード画像をざっと見てわかったことは、下手なものの共通点は伸びたところでエントリーしているか、勉強会でおなじみのMA付近でもがいているものが中心。あるいは、エリオット波動が終わり値動きが良く分からないところなどなど。(下手過ぎるでしかし)

負けパターンはなんとなく自覚していましたが、自分の死にパターンとか死亡フラグパターン、つい手を出したくなる状況などが明確になってきました。

分析する画像が多すぎて作業化しそうですが、1つ1つリアルタイム感を感じつつ丁寧に分析していきたいですね。


----<今週のトレード一部紹介>--------------------------------------------------------------------

2017/4/11(火) 売り +11pips

2017-04-14_031326.png エントリータイミングがいまいちでしたが、狙ったところまで取れました。この類のトレードは1分足で細かくタイミング取れそうなのでサンプル集めやってます。  
(追記)動画解説観たら先生と同じところ狙っていたようです。いいゾ~、これ。


2017/4/13(木) +20pips

2017-04-14_031344.png
買よりも売りが有利なのかと思い、トレンドライン引いたり例のMA付近での挙動などを見て売りエントリー(これもタイミングが少し遅い・・・)
結果的に安値を更新しましたが安全を期すなら安値付近で決済するところですよね。安値更新を「期待」してエントリーしたのはよろしくなかったです。利食いはもう少し先を目指していましたが、安値更新しなくなったので決済。決済タイミングは個人的にグッドでした。
(追記)動画解説では正規エントリポイントではなかったです。売り狙いと言う点だけは合っていました。