FXトレード勉強会~いつか押し目は来る。いつから下げ始めるか相場様が決めることだけど蓋然性の高いポイントの想定はできます。

FX勉強会参加者のすみたです。

4月半ばからの長く続いた下降リズムを終えて、先々週は長い足でみると結構はっきりした反転の動きをしてきました。
そしてその後どうなるのか、どこまでの勢いがあるのか、どこまで行ってから押し目を付けるのか、というのが先週はじめの注目ネタでした。
この反転での上昇の動きは、次々と注目している節目であまり停滞もせず、ろくにきちんとした押し目を付けることなく、先週前半まで上げてきました。
ある数値を少し抜けたところで、もうこの数値から更に上に行くなら、相当上の方しか目途がないので、それはあまり現実的ではないな、という感じになってきました。
2018-06-14_01.png 
最初にこの高値に達してからの戻しがあって、当然のようにすぐには下げてこないで、何度か上値にアタックしています。

①△
②○
次に上値から下げようとする動きが発生しましたが、どうにも続きません。下にあの数値もあることだし、本格的に下げ始まるならこのまま下げるよりも、さらに揉んでからの方が自然だな、ということもあり、この辺では買ってよさそうです。最近週末の解説でもこの数値が登場する場面が多いです。

③○ そしていよいよ次の高値アタックをしますが、上抜けはならず。続いて「もう売っちゃってください。」と言わんばかりの感じになりました。直近まで計測して短く狙っても27pips。遠くまで待てば55pipsも取れそうです。

下げたと思ったらドンピシャなことに利確ターゲットで止まってすぐに折り返してきました。

④NM いつも頼りにしている数値があることはあるのですが、このV字回復的な切り替えし後には売りにくいと思いました。


<先週の添削と週ごとの経緯>
2018-06-14_02.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、×:こりゃダメだ)