この辺にFXトレードでやらかした人のクソトレード展が開かれているらしいっすよ。

これを書いているのはtakeuchiです。

---------------------
今週のトレード
---------------------
5/11(金) GBPJPY 買い +40pips

2018-05-11_211126.png 
環境認識をして5m足で買い〇〇を描いてチャンスを待っていました。

参考までに1m足も見ていたのですが、買い〇〇に至るまでに下げなさそうな値動きをしている事に加えて買い〇〇付近でいい感じに陽線が出てきましたので、5m足確定前に買エントリーをしました。

エントリー後にそのまま順行していきナイスタイミングでトレードできたと思います。

利食いはフィボ〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇の数値を狙っていましたが、手動決済だったことや少し目を離していたためタイミングを逃してしましました。

しかーし、環境認識⇒エントリーまでが良かったので満点に近いトレードだったと自分を褒め褒めしてあげたい。

-------------------
決めた後は余計な事をしない
-------------------
僕のFXフォルダの中には、「Dieジェスト」という名の死亡トレード集があり個展を開催できるくらい画像が保存されています。(開催するとは言っていない)

2018-05-12_221128.png 

死因はいろいろあるわけですが、大別すると以下の3つになります。

①環境認識&シナリオ描いたのにいざトレードとなると、シナリオそっちのけで5m足ガン見して値動きに振り回されて死亡。(シナリオとは一体、ウゴゴゴゴ・・・・)

②自信ある場面で枚数増やしてトレードして損切、痛恨の一撃を食らってやけくそ⇒損失取り戻したくて無茶苦茶な枚数でトレードして、1週間の利益どころか証拠金をドロドロに溶かす。(ヤムチャしやがって・・・・)

③フィボトレード習いたての頃に要らん知識も織り交ぜたトレードして頭ごっちゃになって木端微塵。(素直さは宇宙の彼方に・・・)


このDieジェスト、FXフォルダを開くと一番上に表示されるものでして、目につきやすいです。
週末や事ある度に個展「俺のDieジェスト」を見て回るのですが、個展を後にする頃にはいつも思います。


「余計な事しなければお金は増える」


教わった事、学んだ事だけを使って環境認識をして、シナリオ描いて、チャンスを待ち、チャンスが来たらトレードをする。これに尽きます。


もし損切しても次のチャンスまで余計な事しなきゃいいんですよね。続けていれば思ったよりも損失は補てんできるし。
余計な事しないで待っていればベストなトレードチャンスが来るというのに、その事実に気付く(というか腑に落ちる)までに何度汚い花火を打ち上げたことか。


・・・・といいつつ、個展に作品が加わることもありますが。

2か月ほど前に先生のEAソフトのコミュニティにも入れさせていただきましたが、つくづく余計な事をしないというのがお金を増やすことにおいて重要か骨身にしみています。