FXのために1日30分を自分にプレゼントする

これを書いているのはFXコミュニティ「フィボトレード」のtakeuchiメンバーです。


今週はファスティングを人生で初めて行った週でして、様々な体感を得ていました。
定期的にやると良いかも。

ファスティングにより一度体内を空っぽにした後だと食べるものの影響をとても分かりやすいです。

ファスティング明けにたまたまスーパーで見かけたスコーン(湖池屋じゃない方)を食べたんですが、これが悪かったのか、食べた後に風邪の引き始めみたいに頭がクラクラするしネガティブなイメージばかりが浮かんできてキツかった・・・。


ファスティングは流派があるらしいですが、僕の場合は豆乳や青汁や具無しの味噌汁などを頂ける方法を選んだので、空腹感に関してはしんどくはありませんでした。

身体が軽いし、朝の目覚めの良さが素晴らしいし、感覚が冴えるし、食べる楽しみが減ってしまいますが、メリットもいろいろ。

何が一番しんどかったと言えば、自分は食べないのに恋人の夕食を作っていた時ですね(笑

------------------------
今週のトレード
------------------------
4/24(火) GBPJPY 買い +28pips

2018-04-28_153937.png 
この買いのひとつ前にもっと絶好の買いチャンスがあったんですが、見逃してしまった・・・・。
、、で、アチャーとなったわけですが、買い◎◎を描いて待っていたらやっぱりチャンスは来るもので。
買い根拠が買い◎◎とグイっと伸びた陽線だけだったのでちょっとエントリーに躊躇がありましたが、利食いは粘れたんじゃないかと思います。


今週の動画解説で触れられていた主婦の方の事例はとても刺激になりました。

もし自分が1日30分だけFXに取り組める時間があったとしたら何をするだろう・・・・?

CSをする
シナリオを描く
過去トレードを振り返る
トレードノートを見返す
などなど、、、、。

何か特別な事をする必要は無く、教わった学習方法を素直に行うの一言に尽きるでしょう。

が、、、30分とか1時間とかだけ自分にFXをする時間が与えられなかったとしたら、時間無制限で取り組むよりも超濃密に取り組めそうです。

そして、そのお助けツールとしては、ポモドーロテクニックやMyroomNeoなどが良いのかもしれません。