FX勉強会トレード~本当に難しいと思ったらやらなきゃいいじゃん、という話を聞いた直後の座談会で同じ内容を反芻するの巻 - トレード報告

FX勉強会トレード~本当に難しいと思ったらやらなきゃいいじゃん、という話を聞いた直後の座談会で同じ内容を反芻するの巻

FX勉強会参加者のすみたです。

先週は高値から下げてきてその調整を経て下げの続きがあり、大きく下げるのか?という動きから始まりました。
2018-04-12_2.png 
①○ 途中調整上げの最中に直近高値を超えてきましたが、ある数値に達したところから下げません。
そして直近下値からの計測値で上昇目途と思われるところから下げ始めました。

②○ 私にしては珍しく、こういうところで少し売ってみました。ある目途まで保有して+17pips。

③○ 理想的な形を作って決定的な感じの陰線が出ています。これは気持ちよさそうです。

さて、何回も言いますが座談会はいいです。今回で4回目の参加となりました。リアル生活でFX話ができない身としては、座談会であるある話をして笑い飛ばしたり、直近の相場の感想戦をしているだけで満たされますし、励みになります。
最初のうちは自分が持ち掛けるテーマのために結構時間をかけて準備をしました。画面共有がうまくいかなかったときのことも考えてMT4の相場局面ごとやExcelシートのキャプチャを取ったりと構えていました。それでも不安をもって大丈夫かなぁなんて思っていたのですが、4回目ともなると、かなりリラックスして「あの話を訊いてみようかな。それなら画面共有する場合はアレコレすればいいな。」と余裕を持てるようになりました。
私みたいに構えなくても十分参加可能ですので、真面目に勉強するつもりの方にはおすすめですよ。

今回ご一緒したメンバーとは、以前先生への質問コーナーで質問した時に、緊張して脇汗がすごかったという話で笑わせてもらいました。私も質問したときは同じくらい緊張したと思います。
また、先週の感想戦でやらかしたトレードを含めて一緒に振り返っていたときに、動画解説であった先生のコメント「本当に分からなくなったらやらなきゃ良い。勝っているトレーダーは全員これに同意するだろう。」を思い出しました。座談会でも「これ難しいよね、やらかしちゃったね。」というところを話しているうちに「だから難しいところばっかり時間を割いてもしょうがないよね。分かるところを重点的にやればいいのだから。」という結論に達しました。こういう感覚は繰り返し刷り込みが大事なようです。

<先週の添削と週ごとの経緯>
2018-04-12_1.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、 ×:こりゃダメだ)