FX勉強会トレード~緊張感のある口座額を想定してやりたい。そういう次元のプレイヤーになるのだから。

FX勉強会参加者のすみたです。
<先週の添削と週ごとの経緯>
2018-04-05_1.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、 ×:こりゃダメだ)

先週は週初めの一方的な上昇から直近高値までで、そこから急落、半分くらいまでという変な感じで始まりました。
上昇リズムはすでに終了しており、そこから余計な上げがありましたので、この急落には意味ありげで不穏なものを感じて身構えていました。
そして下げるなら下げるよねというところでも下げず。上下に大きくヒゲを付けてから高値まで迫ってきました。
2018-04-05_2.png 
①× 本来はもう一つタイミングがあることを想定していましたが、後から見るとあからさまにまだ待ちのところに見えます。強引に早めの売り。23pips。

②NM ③○ やはり、次のタイミングの売り場を待るのが正解です。こっちの方が売りやすいです。

④NM 行けそうなタイミングですが、材料が足りないと思いました。

⑤○ そういう意味ではこっちの方がやりやすそうですが、直前の動きを見て警戒しながらになると思います。

⑥NM そして上げられない感じで動いてきて売れそう。

日曜日のコンドルさんも書かれていますが、先週の動画解説での先生のご指摘で考えさせられるところがありました。自分の想像力が貧弱ゆえにトレードが軽薄になるリスクがあると受け止めました。
⑦× ごく短く取るトレードくらいなら良いだろう、とマークしたのがここなのですが、

そもそもここは高値から戻しがないながら、すごく一方的でもない、という消化不良な感じで下げてきてわかりにくいところ。そしてひとしきり下げて勢いが削がれてくるかもしれないポイントに到達しています。

だからここで久々にアレだからと言って売れるという発想は危ない。むしろ上昇するかもと警戒しないとダメ、と解釈しました。
それにここにまつわる先生のコメントもありまして「こういうところで失敗して良いようなトレードはしていない(教えていない)。そういう緊張感のある口座額を想定してやるべき。皆そういう次元のプレイヤーになると決意して勉強してるはずでしょう。」と受け止めました。