FX 身体に染み付くまで手順を決めて作業を繰す。

欲にかられてパッと見てパッと入ってしまう
というのは事故の元です。

こんにちは。
金曜ブログのオッサンやすだです。
今週もあっという間に1週間が過ぎ去ってしまった。
それにしても暖かくなりましたね・・・。

さて、最近、少なくなったけど、
どうしても、じーっとチャートに張り付く
ことができないから、定点観測した時に
グッと下がってたりすると、思わず入ってしまう。

なぁーんて、アホなことを以前はたくさんやっていた。
まぁ、今でもたまにやるんだけどね。

で、なんでこんなことになるかというと
確りとした手順を踏んでないからなのだろうと・・・。

エントリーまでを作業として決められた手順で
進めるようにルーチン化されていれば、
こういった安易な事故は極力防げるのではないかと。

これ自動車の運転で考えると
高速道路で車線変更するとして

あなたは、何も考えずに車線変更できますか?



ということと同じで、
たかが車線変更であるけど、
変更するまでに

・ルームミラー 確認
・フェンダーミラー 確認
・ウィンカーで合図出して
・目視確認して
・そして、ハンドルを徐々にきる

一応、自動車学校ではこう習ったはず。
FXは、自動車の運転なんぞと同じにしては
ダメなのかもしれないけど、

毎日運転していると当たり前になっているけど、
少なくとも自動車の運転であれば、
パッパッパとこれだけの判断をしている
のは間違いないだろう。

で、事故をする時ってのは、
だいたい、他事考えたりしてこういった
基本手順を無視して携帯電話で話しながら
余所見してテキトーに運転しているときなんかに起こる。

だから、FXでも事故を起こさないようにするには、
鼻糞ほじってないで、勉強会で報告するフォームに従って

4hの環境認識
1hの環境認識
5mの環境認識

他にも、たくさんあるけど、手順に従って
何度も繰り返し身につくまでやらないと

グっと下がったから入っちゃうという
安全確認せずに車線変更してしまうことに
なってしまうのだと思う。

以前、同志がノートの左側に手順を張り付けてあると
言っていたが、オッサンは、パソコンモニターに
エントリーまでの手順を貼り付けることにしようと思う。

あわせて指差し確認もしてみるかな。
1h 環境認識 よぉーしー!ってな感じで・・・・。