ぽてこ週記:予測不能事態と姑は突然やってくる。たっぷりあったはずの時間はどこにの話。

再学習中のためトレードお休みしてます。
入会時に提出する作文に

「3.FXでお金を稼げるようになるまでは、ある程度ご自分の自由な時間を学習時間に割り当てなければなりません。
どのような覚悟で学習に取り組むおつもりですか。」

という設問があります。
私はこれに何と書いたかというと、

「専業主婦ですので、時間はたっぷりあります。
家族に迷惑をかけない昼間と夜中でほぼ毎日6時間~8時間(もしくはそれ以上)じっくり取り組むことが出来ます。
これまでダラダラ過ごしていた時間が、自分と家族の将来のためにこの上なく有意義な時間になるよう、努力します。」

これが今回、うまくいかない。ご近所の陰謀かってほど思うようにいかない。
この前までリアルチャートで一喜一憂して、ダラダラとチャート眺めてたときはあんなに時間があったはずなのに(これ、本当に反省しています)、いざ再学習を始めてみると想定内外合わせて障害が次々と現れてきます。

稼業のトラブル、排水管の水漏れ、ネット環境の入れ替え、プリンターの故障、洗濯機の故障、網戸の修理、親戚の店が突然近所にオープンしてその手伝い、子どもが悪さをして謝りに行く、飼い犬の死期がいよいよ近まる、スカパーが映らなくなる、子どもたちの春休みで三食準備、遊びに連れていけ、新年度の準備、PTAの臨時会合、地域の仕事、ハムスターが死んだ、迷いフェレットを保護、突然の義母の上京、などなど、枚挙に暇なく何かが起こります。

でも、これは全部「言い訳」。何に対しての言い訳か?
「自分への言い訳」です。

「FXは仕事」であるはずなのに、時間に融通が利く分どうしても後回しにしてしまってるんですよね。
「時間取れても、コマ切れじゃあなぁ」「年度末は仕方ないよね」って、それもまた言い訳にして。
でもビールは飲むし、テレビもみる。
そして、深夜になって気が付く。
今日(も)、何も出来ていない。
焦る、焦る、時間はたっぷりあったはず。なのに。
1月に入会してから一気に詰め込んだとき、もっと入魂するべきだった。
もちろんそのとき真剣に取り組んだつもりたっだけれど、時間はいつでも、いくらでもある、取りこぼしはまたやり直せばいいさーとどこかで高をくくっていたのでしょう。
「すぐできることはすぐやること」
の大切さを今、痛感しています。時間がこんなに貴重だったなんて。
今日は4月1日。新年度スタートの日。
年がら年じゅう心機一転している私ですが、今日という今日は本当に心機一転、学習時間確保に具体的な決まりごとを作りました。

春休みの間は日中は諦めて、23時から翌3時まではパソコンに向かうこと。

出来ないはずはない。姑もフェレットも我が家に帰ったことだし。
動画を見て、ブログとコラムを読み返してノートを作り直し、手法の基本をしっかり自分の中に落とし込めるまで過去チャートで検証、やります。

だいぶ前の先生の記事ですが、
それぞれの想い99 ~試練
「あなたの覚悟は本物ですか?」と試されているときだな、と思っています。