FX エントリーポイントが当たっていればよいのか?

中学時代の数学のテストで答えが分からず
テキトーに書いた答えが正解だったのに、
加点されず「X(バツ)」にされたことがある
金曜ブログのオッサンやすだです。

兎に角、オッサンは勉強ができなかったなぁー。
と言うよりも勉強した記憶がほぼない。(笑)
当然、テストはいつも超テキトー・・・。

それでも、世の中不思議なもので
当てずっぽうで当たることがあるから質が悪い。
だから、お陰様で0点は取ったことがない!



数学のテストだって、当たるも八卦、当たらぬも八卦と
いつも通り鉛筆転がすか、その日の雰囲気で
書き込んだ解答が大当たりすることだってあったからね。

でも、大抵、加点されないんだな。これが。
なぜだ?!

どうせ、3点も4点も変わらんと思ったのか?
同じアホタレの同級生なんぞは答えは間違っているのに
キッチリ△じゃないか!

なぜだ!なぜなんだぁ~!
あのクソ○バァー!
調子こいてんじゃねぇぞ!
くらぁーすぞきしゃん!

なーんて、この記事を見てふと思い出した。
オッサン、ホントにアホでした。(汗)


FXの場合、勝てばそれが正解と、先生は言うものの
やはり、勝ち続けたいならば、勝てる技術を身につけるなら
そのエントリーへの計算式が重要なのではないかと。

結果、負けたとしても良い負けがあるってのは、
テキトーに考えた自分オリジナルの計算式ではなく、
プロの思考から導き出された本物の計算式であることなのかも。

ただ、思考というのはなかなか真似することができない。
だから、トレード記録は、決まったテンプレートで
記録して反復練習を繰り返さなくてはならない。

でないと、導き出された計算式のズレが確認できない。
このズレを縮められなければ再現性は低くなってしまうのではないか・・・。

うーん、オッサン、久しぶりに頭使ったわぁー。
これからは計算式にももっと注意してみるかな。
来週も頑張ろっと。