FXデモトレードは不要で意味がないのか?

デモで勝てねぇヤツがリアルで勝てるわけねぇーべな。
って、思うのはオッサンだけだろうか?

こんばんは。金曜担当大臣のオッサンやすだです。( ー`дー´)キリッ

なんか、最近、オッサン結構ドタバタしてて
ブログ更新をスッカリ忘れちゃうんだよね。
更新を忘れずに継続するってーのはなかなか難しいですな。

さて、今週は、デモトレードが不要かどうかについて。

実は、オッサンの今週のトレードの課題は、
思うがままに淡々とエントリーするってことだった。
思うがままといっても、適当にエントリーするということではない。
ルールに合わせて自分なりに精一杯考えてのエントリーだ。

これは、環境認識やルールをどれだけ理解しているのか、
自分自信の実力を知るためにも取り組んでみた。

現在、オッサンは、ここは?と思いながらも見送ったり、
ポイントは良かったのにビビって決済してしまったりと

欲が深く、勝ちにこだわりすぎる傾向が強いため
エントリーや決済を妥協してしまうことが多い。

これらを克服するためにもシッカリと自分自身で
検証して統計を取り自信をつけるためにも取り組んでみたわけだ。

そもそもここで自信のあるデーターが出せない以上
ビビリの解消にも繋がらないと思うしね。

それ故、もちろんデモである。
でも、デモをバカにしちゃいけねぇ。

正直、オッサンもデモに関しては、
当初、あちこちで見かけるように身銭削ってやらねえと、
ダメだという話を真に受けていたが、

取り組んでみると予想以上に得るものが多いことに気がついた。
なんでも実際に自分でやってみるもんだね。
オッサン、ホント出来のわりい生徒だわ。

これで一気にトレードが上手くなるというわけではないだろうが、
納得行くまであきらめずに続けてみたい。