ポジポジ病患者と勉強会

お早うございます YOSHY00です
 先週の続き 勉強会に入るまで入った後思ったことを書きます。
何人が見てくれているのかわかりませんが 入ろうか迷ってる方の判断の一助になれば幸いです。

 先週も書きましたが入会希望者には作文審査があります。 まずコレが第一のハードルですね。
私が作文で先生に誓約したことは主に3つ
1,今までの知識 経験は忘れる 完全な白紙で望むこと
2、やれと言われたことに 素直に取り組むこと
3,簡単に諦めないこと

 幸い数時間後返信メールがあり入会が認められました。

早速 手法のコンテンツを読み漁りました、最初にやることはライン引きです(ライントレードだから当然ですね)
なるほどここに こういうラインを引くのかー うわっすげー ドンピシャで効いてる!!これはいい事を知ったぞもう無敵だー
と興奮しながら線を引きまくります。
一通り線を引き終わるとチャートが線だらけになってきます、少し不安になります、こんなけ線引けばそりゃどこかに反応するだろうと。
移動平均線だらけのチャートとどれほどの差があるというのか? 特にレンジ相場だと線が密集して何がなんだかわからなくなってきます。

次にエントリーの条件を学ぶわけですが、ここで軽い失望を覚えました。どう考えても多くて1日1-2回しかエントリーチャンスがないのです。
重度のポジポジ病患者であった私には到底受け入れがたい手法でした。
はぁー やっぱりここも駄目かー あきらめムード漂い始めます。手法が合わないんじゃないかという疑問 第二のハードルですね。

諦めかけた私を引き止めたのは、例の作文でした。
今までの自分じゃイカンじゃないかと勉強会の門を叩いたのに、ここでやめたら元の木阿弥・・
3つの誓約を再確認し言われたとおりのことを ひたすらやろうと決意を新たにします。(入会にあたって作文を書かせると言うのはこういう効果もあったんだなと、今ならそう思えます)

しかし自分を変えるということはとても難しい。まだまだハードルが待ち受けます。

続きはまた今度