FX 損切りの練習を開始

損切りが苦手なオッサンです。

でも、損切りできないなら
FXは諦めた方が良いという結論に達した。


こんにちは。
やっぱり夜のトレードが苦手な
金曜ブログのオッサンやすだです。
何かと邪魔が多いからね・・・。

さて、オッサンの最近の課題は、

・損切り
・ビビリ

が大きな課題となっている。
ポジポジ病は克服できた感じはするが、
この二つは、なかなかどうして・・・。

デモではそれほど気にならないんだけど、
いざ、リアルでトレードするとね。
やっぱり、欲と恐怖が邪魔をする。


・これ、一時的な戻しでしょ。

・いずれ戻すでしょ。

・あー、損したくない。

・ちょっとでもプラスだからいいや
 頭と尻尾はくれてやれって言うしね・・・。


なーんて、根拠もないのに都合よく考えてしまう。
いや、最近は、明らかに自分でも逆でしょって
思いながらも、握り続けてしまう。
これが一番質が悪い。
もぉ、バカは死ななきゃ治らない。


で、よーく考えてみた。
で、ハっと、気がついた。


結局、勝ち負けに拘りすぎている。

上に行くか下に行くのか
未来のことは誰にも分からない。

損小利小なんだから
反対に行ったら、
あー、そうなのねで損切りしなきゃ。

何のために、仮に損切りしても挽回できる
勝率の高い手法を勉強しているのか。

うちの勉強会って、
先生の勝率が95%以上でぶっ飛んでるから
誰でも勝って当たり前って勘違いしてたんだよね。

でも、当然、レベルが違うし、
100%は無いわけだから、時に、負けてもいい。

で、見送るくらいなら負けて切られちゃったほうが
ベターということにした。

その覚悟が、ビビリも克服できるヒントなのではないかと。

少なくとも、勉強会の手法で
勝率は高くなっているはず。

「あー、反対行っちゃったね。」

と、涼しい顔して損切りする練習をしてみることにした。