FX先週のトレード~勉強会を知らない人から見るとすごいことなのでしょう。

こんにちはFX勉強会参加者のすみたです。
動画解説との答え合わせから。

<先週の添削と週ごとの経緯>
2017-11-30_1.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、 ×:こりゃダメだ)

毎週ここぞという美味しいポイントがいくつか出現しますが、先週印象に残ったのは2つです。
週初めから断続的に大きく上げてきて、やっぱりここくらいだよね、という高値帯まで来たところから。
2017-11-30_2.png 
上値での動きではしばらくはエントリーできそうな契機はなかったのですが、最後の頂点を付けてドンと下げ始めました。

①○ 直前の下げを契機に構え始めてたところ、ある目途で停滞。ここで売りました。下値まですぐには落ちないでもう一つ揉んで、そこが良い売り場になるかもと想定はしていました。

②○ たまにはこのように想定どおりの動きになることもあります。
結局①を持ち越して決済しました。スマートではありません。②で入る方がはるかにスマートです。

③NM こういうところは少しだけ取るつもりで入れるという判断はありとのことですが、私はどうも苦手です。

そして時間単位ではいかにも調整のジリジリとした動きで下げてきました。でもあれ?今度はあの目的地までは行かないみたい。前回安値、そしてある下値目途で止まりそうです。
そしてそこから上昇してきた場面。
2017-11-30_3.png 
④NM この手前から買い場を待っています。ある目途を抜けてきました。でもまだ様子を見たい。

⑤○ ここからは少し安心して買っていけそうです。
これ以降はしばらくルール適用を見て積極的に買っていけそう。

⑥△⑦○を経てひとつぐっと上げてから揉みました。

⑧○ 超絶悶絶な買い場。サラリーマンにも優しい時間帯。とにかくこれ取らないで何のためにトレードしているの?という、職業観を問われそうなな場面です。はい、すいません。リアルタイムで入れておりません。


実生活でチャートをチェックしていて、リアルタイムエントリーが週に数回できればいいかな、という状況では②とか⑧みたいにステキなポイントばかりに遭遇するわけもなく、多くはその他のタイプのエントリーをどう見つけて大事にするか、とやっています。

しかし、そんな状況でもふと気づくと、手元の口座は過去5カ月毎月プラスで終わっています。損切りや間違いトレードもありますが、直近9月以降の勝率は確実に上がっています。

勉強会を知らない人から見ると結構すごいことなのかもしれませんが、自分自身では、まだまだ手痛いミスも見当違いもあるし、他の参加者にはもっと華々しい感じの人もいるし、まあ今の自分のペースだったら、こんなもんだろうなという感じです。
とにかくペースを崩さす長く続けていきます。