そのためのFX?そのための検証?

これを書いているのはtakeuchiです。

先週あたりから急激に冷え込んできて、最近の天気は曇りor雨が続くようになりました。
さすが日本海側の地域。

-------------------
今週のトレード
-------------------
GBPJPY 11/15(水) 売り +39pips
2017-11-18_221639.png 
売りを狙っていたのですが、ちょいタイミングが遅れて飛び乗りエントリーとなりました。

ここ数日は1hレベルのレンジで売りも買いも狙いやすいのではないかと思います。
売りと買いどちらかと言えば個人的に売りが好きです。スッと下げていくのでポジ保有のストレスが少ないんですよね。

最近はトレード以外では、移住の準備をしつつ、個人的に気になった事や閃いた事を過去チャートで調べたり、もっと楽にトレード出来る方法を模索したりしています。

チャートを見ていて「お、使えそうかも?」と気になる事があると過去チャートで有用かどうか確かめないと気が済まないんですよね。

一週間ひたすらサンプル画像を集めて法則が無いか調べてみたり、メモ帳にあれこれアウトプットしてみたり。

でも、結局ただのまぐれ相場で再現性が無く使えないネタだったり、使えそうでも複雑だったり明文化(言語化)できず継続して実行できるかどうか怪しかったりして、無駄骨(?)に終わる事が多いです。

しかし、また気付いたことがあると、「お、使えそうかも?」と懲りずにまた過去チャートで確かめにいきます。

トレードジャンキーなのか、ただ好奇心の赴くままに行動しているのかよく分りませんが、過去チャートをみて「へぇ~~」とか「ほぅ・・・」とか「お、(窓が)あいてんじゃーーん!」とか関心しつつ、いろんな相場を見るのはまだまだ飽きそうにありません。