FX 野球で打率アップするためのヒントは?

見ること
(=ボール球に手を出さず同時に打てる球を見抜く「見る力」のこと)

こんにちは。
金曜ブログのオッサンやすだです。


今日から3連休
祝日は思いっきりチャートと向き合うチャンスなんだけど、
実際は、家族サービス含めて、
いろいろと重なって思うようにならないことが多い。

今回は、会社の後輩の結婚式。
休みは潰れるわ、祝儀は出さなならんわでどうないもならん。
まぁ、カワイイ後輩?なんで、是非もなしか・・・。

それでも週末に向けてやるべきことはあるはず。
なにしろ、最近は、ルール以外ではエントリーしないことを心がけて
エントリーポイントのMVPってやつを第一目標にしてるんで。

人間の心理ってのは面白くて
今まで、儲けることを目標にしていたから
エントリーできないことにイライラすることも多かったんだけど、
最近、この目標をMVPに切り替えてからあまり気にならなくなった。

MVPというと、野球くらいしか思いつかないんだけど、
野球で言うと、ルール以外は、ボール球なんだろうから
ちゃんと見送ってフォアボールにしなきゃね。
ヒット打たなきゃMVP取れないしね。

それに、ボール球でヒットが打てるのは超スーパースターくらいだからね。
昔、珍プレー好プレーで日ハムの新庄選手がボール球を打って
ヒットにしたくらいしか思い出せないし。
これって、プロでも超レアケースでは?

ちなみに、野球では、いいバッターの条件ってのは、

「ボール球に手を出さない」

って、ことらしい。
これ、昔から言われてるみたいで
「悪球に手を出す選手は打率が低い」そうだ。

ちなみに、野球でもプロ中のプロのメジャーリーガーの奴らは、
ボール球の70%は、見送っていて
ストライクゾーンに来る球の65%でバットを振っているそうだ。

ボール球を打って打率を上げるってのは
そもそもナンセンスなんだろうな。

確りストライク見極めれるようにならないとね。