FX勉強会のトレードから~なかなかチャンスがやってこない相場だけど相場に向き合う態度を試される良い機会

こんにちはFX勉強会参加者のすみたです。
動画解説との答え合わせから。

<先週の添削と週ごとの経緯>
20171019-1.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、 ×:こりゃダメだ)

先週はエントリーチャンスが少ない相場でした。
リアルタイムではトレードしませんでしたが、動きを見て、いつものとおり淡々とエントリーすべきと判断したところにマークをしました。
勉強しはじめの自分が同じ状況に置かれたら、実トレードできなくて、もどかしくて焦ってましたが、今は残念という感覚はなく、むしろこの相場局面を経て少し自信を持ってもいいのかな、とさえ思いました。

それは、環境認識をして分からないところで手出ししないという選択をしたということがまずあります。
また、チャンスが少ないと言っても、ルールに照らして入るべきところは17カ所あって、その中でも選りすぐりのポイントが2つありました。
そのポイントは入るべき、という判断をできていましたので、よりジワジワと来たのだと思います。

その2つのポイントは、たまたま一画面に収まりました。
20171019-2.png 
①大きい時間足で全体的には微妙な位置づけで不安定要素たっぷり。
そんな状況なので、上値を伸ばしてもおかしくないところで伸びず、しかも絶妙なルール適用を経ても下げもしない。そこから上昇開始でロックオンな感じ。
5分でみればこれ以上ないマグロがまな板に乗っている。
一つ手前の安値で入るのもありだけど早い。

②そして①からぐいぐい上昇するけど、上昇目途の節目で礼儀をわきまえてきちんと反応してから上抜けて来た。そして上昇の勢いが削がれてきた。
最高値から下降をはじめていい感じになってきました。
ここで久々のあるMAが登板した模様ですが、私はそれがなくてもここで売る要素が多くあったと思います。
各エントリー根拠を点数で評価して積み上げていくやりかたで見ると過去最高レベルのポイントです。
でも週末の解説を聴くと、更に要素が追加できました。これは結構見ていたつもりなのですが、気づきませんでした。見てないですね。