ぽてこ週記: 「命の一発」と「ありえないもの」。2冊のノートの話。

いろいろと気を取り直して、とりあえず生きているぽてこです。
先週最後のトレード。+33pips。エントリーが早すぎた感はありますが、私なりに根拠あるエントリーと決済です。
poteco02.png

先週も度々あったのですが、先生の手法で見事だと思うところは、その再現性。
再々書かれていますが、FX勉強会のトレード報告で、エントリーポイントがほぼ同じ、ということが頻発します。
教わった通りに環境認識をしてみて、過去の検証を思い出して、ココだ!というポイントでエントリーすると、まあちょっと興奮するくらいに一致してるんですよ。
「ああ、間違ってなかったんだな」と確認できることは大きいです。学習のモチベーションにつながります。
自分のやってることが合ってるのか間違ってるのかわからないまま、勉強を続けるのは精神的に非常につらいし、不毛なことに時間と体力を費やしてるんじゃないかとか頭をよぎると、むなしくなりますよね。
今、私は「この学習を続ければ必ずいい未来が来る」という確信を持っています。だから、とても楽しいです。

さて、私がFX勉強会に入会してから、どんな学習法を実践しているかというと…。。
最初はノートを2冊作りました。動画解説用と自分の課題用。
まずは動画解説用ノートにシコシコと、なんか最近中学生の息子がリビングに来ないな、とか急に気づいたりしながら、とにかくシコシコとメモを取り、内容をまとめつつ基礎動画をじっくり見ました。こんなにじっくり何かを見たのは、セミの脱皮以来かもしれません。
そして毎週のお楽しみ、動画解説は、プリントアウトしたチャートを貼って、先生の説明を出来るだけシンプルに、後で見返したときにわかりやすいようにまとめていきます。その中から、特に重要だと感じた言葉は課題用ノートにも書き写します。
最初のチンプンカンプンさ加減には本当に参りました。何がわからないかもわからない。何より、用語を知らなすぎる。無知は罪。
でも、用語を調べ、繰り返し繰り返し見て、書いているうちにアレッ?と思うときが来ました。
理解できる!全部じゃないけど最初より確実に理解できる!と。
「ここの陰線が…」
「エリオット波動が…」
「トレンドラインが…」
「○○MAが…」
「フィボナッチが…」
「※※※※※※が…」
「○△■※☆§¶Θ」
※注 ↑この伏字の中には「理解してるけど公表できないもの」と「いまだに理解が追い付かないもの」が含まれています。

もう一冊、課題用ノートの表紙の裏に書いたのは
「素直であること。」
「諦めないこと。続けること。」
「自分と向き合うこと。」
「すぐ出来ることはすぐやること。」
この4つ。
1ページ目でなく、あえて表紙の厚紙部分に書いたのは、自分を見失ったときにすぐ破り捨てて無かったことにしてしまいそうだったからです。
平均して1日1回くらいは見失うので。
自分見失い系女子(熟れてる方)ってやつかな、と割と冷静に己を見つめています。
次に、わからない用語を書き出してリストを作りました。そろそろフィナボッチからも卒業できそうな感じです。フィボナッチ、フィボナッチ。(何度も口に出して言うと結構楽しいですよ。オススメです)
そして1ページ目には
≪最初の目標≫
➀正規のエントリーポイントを守る。
出来るだけ利を伸ばしてみる。 確実に10pips取る。
③○○の安全なところだけ狙う。
うむ、②が書き換えられている。息子の仕業?知らない間に、こともあろうに10pipsに興味を持ち始めるなんて。
もちろん、自分が書き換えました。何が恥ずかしいって次のページには抜け抜けと堂々と太字で
「ブレない!!!」
って書いてあるんですよ。
あまつさえ赤ペンで囲んでまである。1ページ目にブレた証拠が残ってるのに。
で、そのブレたりブレたくなかったりとブレブレな課題用ノートに、先生のブログやコラム、FX勉強会の仲間のトレードから、気づいたことなどをとにかく書きます。
その中でも特に、時々反芻してるのは先生のブログかコラムか動画からか定かではないですが
「注文クリックは『命の一発』」
「チャンス以外の『ありえないもの(幻覚)』は見送る」
これです。見返す度にアドレナリンがブッとが出る感じです。
それでも、命の一発をノーテンキに繰り出してみたり、幻覚に惑わされたりして、反省して、ノート見て、の繰り返しです。思った以上に自分って弱い。

こうして、動画を見たり、ノートにまとめたり、勉強会の仲間のトレードを参考にしたり、トレード報告にアップしてみたり、そんでアップした直後にビックリして消してみたり(上昇を下降と書いてる、トレードポイントを記入してないなど、なぜアップ前に気づかない?っていう)、そんで相変わらずブレたりブレなかったり、その時点でブレてるじゃんとか自虐風味になったりしながら、日々、自分なりに研鑽を積んだり積めなかったりしているのです。