FX勉強会のトレードから~ヒット&アウエーを細かく刻んでいくことも意識したいわけです

こんにちはFX勉強会参加者のすみたです。
動画解説との答え合わせから。

<先週の添削と週ごとの経緯>
20170921-1.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、 ×:こりゃダメだ)

先週は大きな上昇相場でした。あまり押し目もなく上げていくところは特にいやらしいです。これが来ると少々戦意喪失。やっとのことで目立つ押し目がやってきたら、どうだろうどうだろうと頭のなかで揉んでルールを見つけたらやっときたかと思います。先週後半のダメ押し的上昇では、もう、いつもの時間足で手に負えないので、いつもはチェックしない時間足でもあーだこーだひとしきりいじってみたら、そそくさと過去の相場の振り返りです。
いや、こんな時だからこそ気持ち丁寧に見ないといけないのに、逆に分かりやすいときの方がチャートを長く見るというのはおかしいです。ただ低きに流れているだけ、気持ち良い時間を長く味わいたいだけ・・と書いていて思いました。
ジリジリと長時間上昇する場面でもヒット&アウエーを細かく刻んでいくことも意識したいと思います。

さてそんな先週も面白い場面はいくつかありました。そのひとつ。
20170921-3.png 
大きく上昇した後に長らく調整していたあと、
①突然の長い下ヒゲで大きな陽線発生。現場に居合わせたらロットを下げて入るかもしれませんが、ちょっと陰線でも出ないかなとスケベ待ちしているうちに上げちゃった、となりそう。

②高値で落ち着いてからいい形で下げてきました。
アレもこれも根拠があるので入りました。目標も分かりやすいのがありましたので、短く取りました。

③も入りたいです。直近高値までちょっと待ちます。

④⑤⑥
この辺ではいくつか正解がありそうですが、こういうところのディテールにこだわりを持てるようになるとかっこいいかな。