ポンド円ドテンして損失をカバーするの巻

これを書いているのはtakeuchiです。

最近 漫画ピアノの森を一挙買いしてトレードそっちのけで読み終えました(笑。
それくらい夢中になる内容なんです。
もう一度読み直そうかしら。

-------------------
今週のトレード
------------------
GBPJPY 9/8(金)  計+5pips

2017-09-08_220613.png 
シナリオ通りに売りエントリーしたのですがすぐに逆行したため、ドテンで買いをしました。
逆行したからドテンというわけではなく、売りエントリーをした後に以下の事を考えていました。

1Hレベルの上昇5波終えて9/7から下降しているが安値は更新せず。(この下降は5波形成しているように見える、ってことは売りは終わり?)
8月下旬からの上昇のFR〇〇%~〇〇%付近で下げは止まっているから、下げ継続もありそうだけど上昇の可能性もある。(4H足で見るとFR〇〇%上で下げが止まっているようにも見えるし・・・)
ということは、売りパターンで下げの戻り売りも狙えそうだが、レンジになる(下げはもう一段上)かも?

と、、、エントリーしてからあれこれ気付き始め、ドテンして損失をカバーしました。

売りも買いも枚数は一緒なので、少しプラスに終わったところでトレードは終了です。

こういうことはポジション保有前に分析しておくべきことなのでしょうが、ポジションを持ってから気付く事も結構あります。

エントリー前に考えておけよって話ですが、理由のあるドテンが出来て個人的には良かったトレードだと思います。