ポンド円指標と被っちゃいたけど分かりやすい形だったので買いました

これを書いているのはtakeuchiです。

--------------------------
今週のトレード
--------------------------
GBPJPY 8/16(水)+40pips

2017-08-16_174313.png 
この日は午後14:30頃からチャートをずっと監視してまして分かりやすい値動き、あるいはイメージしやすい(MAの傾きなど見たことある)値動きだと感じてました。

そして、某MA先輩タッチで陽線が伸びてきたところで買えそうだなと思ってましたが、少し心に引っ掛かる事が。

17:30(だったかな?)の指標とタイミングが被っていました。

17:30頃の指標でポンド円は激しい動きをする事があり、「ちょっとやだなぁ・・・」と思いつつ、損切ポイントが明確かつ見慣れた形でしたので枚数を減らして買いました。

結果、狙った所まで伸びたので決済。10分程度のポジ保有でストレスフリーでした。(チャート監視時間は3時間超えてましたがw)


-------------------------------------------------
スランプの時は徹底的に基礎練習をしまくる
-------------------------------------------------
尊敬している友人のフェイスブックのかきこみで「へぇ~」と思った事です。

引用したかったのですが、FC2の仕様が分からず、そのままコピペしちゃいます。

--------------ここから----------------------

スポーツでも仕事でも、成果が出たり出なかったりで、コンスタントに結果を出せない人がいます。
 
いわゆる定期的に訪れるスランプです。
 
みんな抜け出す方法を考えますが、
 
「なぜそうなるのか(なったのか)?」
 
の原因を知りません。そういうもんだとか、酷いと個性だとか思っちゃって蓋をしちゃう人もいます。
 
スランプの原因は「欲」でバランスが崩れるからです。
 
例えば、腰痛は無理な姿勢をしてなるのではなく、
 
「無理な状態で正しく姿勢を保とうとする欲」によってなります。
 
これと一緒で、成果をすぐ出したり、すごい成果を出し続けようとする「欲」がスランプを生みます。
少し前から若い人の中で「物欲がない」「性欲がない」など「無欲」がファッションとして流行っていますので、
 
「無欲を維持する」という欲にかられているのになかなか気づけず、同じパターンを繰り返すケースは、自分と真剣に向き合わなければなかなか気づけません。
 
さて、スランプを抜け出すためにアスリート達は何をするのでしょうか。
 
リラックス?やり方を変える?少し休む?自己分析?自己啓発?ショック療法?
 
いいえ。どれもその場は抜けた気に離れますが、解決はしません。
 
解決法はただ一つ「基礎練習をひたすらヘトヘトになるまでやり続ける」のだそうです。
 
なんか荒っぽく聞こえるかもしれませんが、たしかにこれは最も合理的で、最短の解決法です。
 
例えば「かっこよくやろう」という欲が不調を生み出すわけですから、その欲が出なくなるには「かっこいいとか悪いとか考えなくてもできる」状態になって初めて解決と言えます。
 
分析を続けても「かっこよくやろうとするのをかっこよく治そうとする」方法を探すだけですので、よーするに怠惰なのです。
 
私もいい歳なので、基礎の反復とか嫌いになってきていますが、反復こそ最速の解決法だというのは人間の構造上、ある種の真理です。
 
たまたま私はこの事を早めに学ぶことができたので、スランプみたいのとはほぼ無縁で生きてます。
 
私の周りの人も、この学びを活かしている人はほぼ無縁です。
 
もし、スランプに陥っている人に有意義な話になれば幸いです。

--------ここまで----------------

フィボトレードで言えば、ケーススタディをやりまくる事、毎週の解説動画と自分のトレードの摺合せ、振り返りをする事でしょうか。


欲と言えば、僕は損したくないとかお金沢山欲しい欲求がまだまだあります。

しかし、それで散々痛い目に遭ってきて(笑)、そういう失敗はお腹いっぱいなったせいか、トレード中に余計な事をすることが随分減りました。


まだまだ続けるトレード人生のなかで、経済的・精神的安定剤としてフィボトレードの占める割合はめちゃめちゃ大きなぁと感じた友人の投稿でした。