ぽてこ週記:デモトレードとリアルトレード。+1000万と-37万の話。

いまだにフィボナッチかフィナボッチか2秒ほど迷う私ですが、リアルトレードを始めて5週間経ちました。

FX勉強会に入って2か月、本当はまだまだデモトレードでやるべきなんでしょうが、いろいろ考えに考えた末、腹をくくってリアルでやっていこうと決めました。

去年11月、上か下かに賭けるだけでしょ、くらいのかるーい気持ちでFXに手を出したとき、まずデモトレードから始めて500万円があっという間に1500万円超えました。
人の金でやる競馬に似てるな、と思ったことを覚えてます。

適当に100枚突っ込んで、ヘーキでグーグー寝られる。
起きたら100万円増えてる。わーいわーい。
風呂から上がったら200万円減ってた。わはは、ばーかばーか。

そうやって遊んでいたら増えました。そしてあとは定石通り。
リアルトレードラクショーラクショー、で、スマホ片手にあっっっっという間に37万円無くなりました。(参考:クリアアサヒ350ml缶約3700本分)

ばーかばーか。とは笑えませんでした。
1枚エントリーして、グーグー寝るどころか1pipsの動きに胸を掻き毟られ、スマホを拝むという奇行。
予定通りなら150万超えてるはずだったんですけどね。
自分の弱さ、頭の悪さ、狡さ、欲深さ、狭量さ、傲慢さ、浅はかさ、そういうものと嫌になるくらい向き合うことになって、呆然としましたよ。呆然としすぎてクリアアサヒ摂取量が通常運転時の3分の2に減ったくらいです。

デモとリアルの違い、とかググったりもして。デモに騙されたのか?とか憤って。
結論として「自分の精神状態が違う」。それに尽きるのだな、と。
もちろん、大きく張る人は「デモは滑らない」とか「デモは必ず約定する」とかあるみたいですが。

そんなとき、先生のFX勉強会のブログを読み漁り、FXに取り組むことは自分と向き合うこと、と知りました。

デモでの精神状態の良い面→取り戻そうと焦らない。ビビらない。要するに、一喜一憂しない。
デモでの精神状態の悪い面→思い付きでエントリーする。勝っても負けても理由を考えない。要するに、いい加減。
※これらはあくまでも私自身がそうなだけです。私が、リアルと同じ気迫でデモに取り組めるなら、断然そっちの方がリスクが少ないと思ってます。

デモでの精神状態の良い面をリアルでも保つ練習をしようとしたときに、私みたいな頭弱はデモを「これはリアルなんだ」と思い込めなかったんです。
どうしても悪い面=いい加減が出てきてしまう。

じゃあもう、いっそリアルで痛い目に遭って鍛えていくしかないな、と。

だから今、結構つらいです。自分のダメなところとガンガン向き合って、毎日へこんでます。
でも、時々「あ、少しマシになってきたような気がしないでもない雰囲気があるような無いような」という瞬間もあります。
1日も早く、リアルトレードで「一喜一憂しない」精神状態が作れるよう、自分の弱さと向き合って、戦ってるところです。(マジメか)

デモとリアルの話が思いがけず長くなりましたが、そうそう、リアルトレードを初めて5週間、という話でした。1232文字目で思い出しました。遅い。

結論から言うと(散々脱線しといて何言ってんだ)、勝ってます。
5週間で428.08pips
ほんとに、先生の言うこと聞いて、その通りにやってるだけなんですけど。
言われたことを言われた通りにやったら結果が出る、って当たり前のようで、スゴイことだなあって思います。
もちろんそれでも謎のエントリーあり、ビビリ決済あり、一喜一憂ありあり、で、理想のトレードとは程遠いですけど。
精進します。(マジメか)