ぽてこ週記: FX千本ノックin夏休み!30年ぶりの夏休みの宿題?!・・・の話。

トレード中は基本的にチャートに張り付くことになります。もちろん、指値入れて離席、もままありますが、やはりエントリー後は値動きを注視することが望ましい、とFX勉強会でも言われています。
しかし、子どもの学校の夏休み。
何が起こるかわからない夏休み。
その日の予定が朝に決まったりする夏休み。
うかうかエントリーしていられないのが実情です。
春休みも、実は結構大変な目に遭いました。
FX勉強会の他のブロガーの方々も仕事との両立について書かれていますが、子どもの面倒と家事とFXっていうのも、相性が良いようでなかなか相容れないことも多いということを薄々勘づき始めました。(遅いんじゃないか?)
この3つ、すべて時間が流動的だからなのでしょうか。
言うなれば常にマルチタスク。カッコイイー。
いや、単に常にいろんなことを並行してやっていて、バタバタしているんですよねー。
そんな中で「命の一発」を繰り出すのってカッコイイーじゃなくて、無謀の極みに他ならない。
なので、この夏休みは無理くりトレードするよりも、過去の検証やケーススタディの「千本ノック」やってみます。正の字付けて文字通り千本ノック!
FX勉強会内でも波及手法の方で千本ノックやってた(る?)みたいですが、私はフィボトレードの勉強しかしていないですし、ちょうど先生もコラム内でケーススタディの重要性を再度お話してくださったところだったので、とにかくフィボトレードのルールを基本にケーススタディと過去の検証でやってみます。
トレードに、どうしても感情が入ってしまうことに悩んでいたので、この夏でそこから抜け出したいです。
夏休みの自由研究よろしく、9月にここで成果を発表します!したいです!出来ますように!
あ、待てよ。約40日間で1000回ってことは、1日25回か。
・・・・・・千本って比喩ですよね。(海千山千とか千尋の谷とか一騎当千とか千客万来とか悪事千里を走るとか)
いや、40日あれば出来ないことはないか。(子どもの頃の夏休み始まりの気持ちがよみがえるなぁ)
・・・とにかく、たくさんやります!