FX 資金管理の大切さを改めて知る

今週も新しい授業を参考にトレードをしたのですが、
いやー、実に恐ろしい展開だった。(汗)
金曜ブログのオッサンやすだです。

先週まで、ある意味、

なるほど!
そうきたか!

と、ただ、ただ唸っていたわけだけど、
そろそろ上も怖いなぁと思っていたら
7/11から大きな下降がはじまった。

まぁ、なんともキツい下げだったね。
147.2付近でロングで入ってた玉が
次の定点観測では、気がついたときには、
すでに100pips下がっていた・・・。(汗)


損切りするか否か?
本当は考えるまでないのだけど・・・。

今回の新授業で感じた資金管理の部分から
ロットが小さくエントリー数も少ないため
充分耐えられると判断してもう少し様子見に。

その間、勉強会に入ってから知らず知らずに身についていた
これだけ下なら普通は・・・・。
という発想が心の底から湧き出てくるのを必死に堪えた。

どのみち、ココまで下がっているわけだし、
損切りするにしても、少し戻して損失を薄めたところで
処理することにチャレンジしてみようと考えた。

で、結果、途中ドンドンマイナスが膨らんだものの
7/13(木)に▲25pipsで、一旦終了させた。

7/11からの最大250pipsまでの下げを乗り切った。
最大保有ポジション数は、4ポジ。
一時はどうなるかとヒヤヒヤしたんだけどね。

いや、資金管理さえシッカリしてれば
なんとかなるもんだと思った。

もちろん、この結果に万々歳ということではない。
やはり、途中で損切りするべきだったと思う。

もっと早い時点で損切りして仕切り直しした方が、
その後、充分取り返せていた可能性が高いからだ。

あくまで今回はテストケースとして
資金管理上、どれほどのプレッシャーになるのか?
チャートはどのように動くのか?
追撃はどうしていくのか?

これを講師のスタンスと追撃ポジションを参考にしながら
自分なりに対応してみた。

そのためエントリーしたポジションや数は
全て講師と同じではない。

ここらで追撃かな?っと思ったところで
講師はエントリーしてることもあったし、
見送ってることもあった。

逆に、まさか、ここで追撃するの?
というところで追撃していることもあった。

スタンスの違いということで、
勉強会では、新しい授業は、コツコツやられると
聞いていたが、これも納得できた。

通常の勉強会のスタンスから見ると、
ほぼ引かされてるようにしか見えないからね。

あー、また引かされたぁー。って。
ほんと、よく何度も心が折れずに入れるもんだと関心する。

それでも、一旦、思った方向に行くと
ブレずに持ち続ける勇気。
まぁ、勇気というより確信なんだろうが
ビビリ決済が得意のオッサンにはとても参考になったし、
いい刺激となった。

まぁ、いろいろあるけど、
短期的には引かされても、耐えられるような
資金管理は、とても大切だと言う話だな。
なんか、まとまってねぇな・・・。(爆)