ポンド円と私と勉強会

こんにちは yoshy00です 
先週HDDがイカれたのに引き続き今度は電源が寿命らしくPCが不調で 意気消沈しています。
パーツを取り寄せ中で今週はほとんど取引できていません。
でもちゃんとタブレットでチャートの監視はしてましたよー。取引まではしてませんが。
なんかあんまり動いてないみたいですね。

 さてみなさんはGBPJPYについて どんな印象をお持ちでしょうか?
殺人通貨とか下り最速とかケーブルとか(これはGBPUSDだっけ?ちなみにEURUSDはファイバーと呼ぶ人もいるらしい、真偽不明)色んな呼び名が
ありますね まあ意味するところは ハイボラな危険な通貨ペアということが一般通念だと思います。私もそう思ってました。
 しかし当勉強会の推奨ペアがポンド円なんですよ。 先生が言うには 動きが適度にあって波形がきれいでわかりやすいそうです。
ポンドには嫌な思い出しかなかったから はじめは嘘だろーと思いました。
 
 合成通貨で取引量もほとんどないから(これは事実) チャートに根拠がない(そうなのかーそりゃむつかしいわ)
 掛け算通貨だから(これも事実)ドル円とポンドドルも見なきゃだめ(まあそうなるな)
 指標発表は大事(そりゃそうでしょ!)
等 勉強会にはいるまでは 色んな所で聞きかじったこれらが私にとってのポンド円の常識でした。

ところが 動画講義ではポンドドルやドル円のことなんて一言も出てこないし、その上指標は関係ないと言われ、ホントかな大丈夫かなと
実際過去チャートを見てみるとちゃんと止まるべき所で止まってるし、確かに波形もきれいなことが多い(止まるべきところというのは勉強会の核心部分なので守秘義務が・・・
破門されたくない・・・)
今までの知識は何だったんだ? 眼から鱗とはこのコトかこんな単純なことだったんだ・・・

複数のチャートの読み方に疲れ売買サインに疑心暗鬼になっていた私にはこの上ない福音となりました。