ぽてこ週記:ニュースを気にした。環境認識は正反対の話。

何からどう書けばよいのかわからないくらいな心理状態であります。
この前の総選挙の日に大きな下げがあって、私はそのことを知らずにポジションを持っていました。プラスかマイナスかは置いておいて。
ポジション持ってから横這いだな~と呑気に保持していたのですが、いきなりの急落。
ビックリしてワタワタして、決済しました。
こんなときにポジション持つのは怖いなあとビビリまくって、トレードの反省に
「イギリスの大きなニュースは知っておきたいと思った。」
と書いたのですが…。
先生から突っ込みが入りました。
私はそれでも、その突っ込みが
「ニュースは気にしないといつも言ってるでしょ」:「総選挙も知らなかったの?」
が7:3でどっちなのか迷ってしまったんです。
それで、さらに間抜けの上塗りで「どっちですか?」って質問してしまったのでした。
先生は、週末の動画解説でまさに懇切丁寧に説明してくださいました。
「どのニュースは気にして、どのニュースは気にしない」という基準は何なのかということ。(はい、まったくわからないです。)
「時間がはっきりしていて、且つ値動きが荒くなる”かもしれない”雇用統計(とFOMC)だけは気にしておくといい(トレードしない方がいいんじゃないか)」ということ。
何度も言われていたことなのに…。
「値動きがおかしくなったらやめればいい」というのがわからずに「予想が付かない相場に巻き込まれないためにもニュースはチェックした方がいいのでは?」とほんとに安易に考えてしまったのであります。
ニュースニュースうるせぇな馬鹿野郎
ほんとに馬鹿野郎ですね。
そして、もっとショックだったのは、先生とまったく逆の環境認識をしていたことでした。
勉強不足、勉強不足、勉強不足、です。
でもまたがんばります。