FXを続けるために

今週は見送りノーエントリーでした。
金曜ブログのオッサンやすだでつ。

仕事の締め切りなどスケージュールの都合から
気がつけば、あっという間に1週間が過ぎ去っていました。

もちろん、途中でスマホでチェックしたりしたものの
エントリーせず見送りで1週間を終えてしまった・・・。
残念バイ・・・。(T_T)

そこで、もう暫くこんな状況が続きそうなことからも
エントリーできる方法やトレードスタイルについて考えてみた。

オッサンは、勉強会のFX手法は、
シンプルだけど、これをどのように工夫して使うかによって
時間が少なくても打てる手は必ずあると考えている

例えば、時間軸だけみても、

フィボトレは、基本は1Hと5Mをメインにして
トレードするわけだが、

当初の動画では、4Hでトレードする人、1Hでトレードする人
という説明もあった記憶があることから、

過去動画が確認できないのでなんとも正確ではなのは残念だが、
仮に1Hを中心にやる場合どうすればよいかを考えてみた。

5Mでやる場合は、1Hも確認する。
と、言うことは、1Hでやるなら○○を確認すれば・・・。

これなら時間がゆっくりになるので、
小さなノイズにイライラせずにドッシリ構えていられるのでは?

使うモノサシは時間軸が変わっても有効なはず。
そうすると、普段確認している○○を抜けて確定したら
エントリーするのは1Hの○○線を抜けてからか???

ん? なんか89波及法っぽいな・・・?
これ、なんか組み合わせればいいんじゃねぇか?

など、時間軸をズラすだけでも
ちょっとやそっとチャート確認できなくても
充分戦えるのではないかと・・・。


あるいは、
見れないならば、逆に超短時間ではどうか?

エントリーを絞ってロットを調整して
短時間で10PIPS取りを主軸にするのもいいかもしれない。

特に、最近は、資産管理とロット数を間違えなければ
よっぽど溶けることはないのではないかと思っているが、

小さいロットではなかなかお金は増えないことや
どうしえも利大を意識しすぎて時間が長くなり
イライラする時間が続くことなどから

自分の性格から考えても、
ロットを大きくして短時間で確実に10PIPSを
サクッととるのがベターなのだろうと感じている。

ただ、理論的にはそうなのかもしれないけど、
これは、力量もさることながら、
タイミングがシッカリ確認できないと
とんでもないことになってしまうだけに、
今のところ難しいかな・・・。

なんと言っても、退場にならないことが重要だからね。
そうすると、やはり分割か?

うーん、なんか同じところをグルグル回っているような・・・。
とめどない話になってしまった。

まぁ、大切なのは、諦めずに続ける事か。
今のところ思考のオ○ニーしかできないけど、
諦めずにいろいろ試してみることにしよう。