Welcome to my blog

まーたお金儲けちゃうね参ったね - FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

ぽてこ週記:あまりにもわからなくて、トレードしない!と思っていたのに、先週後半からエントリーできてないし、勉強会のメンバーの報告を見たらみんな取ってるしで、つい手を出してしまって、取れたは取れたけどやっぱり全然いいところじゃなかったな、とかグズグズ反省している話。

boteblog0521.png
今、決済したトレードです。
1時間足。直近、根拠ある地点からの下降。○波つけて○波から○波に行くかしら。
〇〇MA効いているっぽいわー。
それに5分足のいろいろ。(おまえ、書くのを諦めてんじゃないよ)
エントリー後、おっ、陰線出たじゃない。しめしめ。
しかしその後グッシャグシャ。
ある数値で待ち構えて決済。
決済後もグッシャグシャ。
トレードしたくてトレードした、根拠もあやふやなダメなやつでした。
「わかるところだけ手を出す」
って、難しい。

今週のGBPJPYトレードは勝率100%でした

これを書いているのはtakeuchiです。

なぜだか分かりませんが汁なし坦々麺が無性に食べたいです。

山椒もりもりにして、タレを絡ませた麺をワシワシと頬張って口の中ビリビリ痺れまくらせて、
「あ~~辛いッ、もうだめだ~~///」ってなったところに
麒麟淡麗ビールを流し込みたい。

------------------------
今週のトレード
------------------------
5/15(火) GBPJPY 売り +20pips×2

2018-05-19_134256.png 
1つ目の売りはいい感じに決済できたと思います。

もちろん、、、指標発表前に決済したわけではないですよ。

脳内で「環境認識として高値付近で売りが入っている。しかし月曜に強い買いが入っていたし、レートが下がれば再び買いが入るかも。すると、現在のレートは安値付近だし、また買いが入るかも。。。あとチャートの形からして下げるイメージがつかないなぁ。そいや、指標発表もあったし変な動きされるのもなぁ、、、。利益取れているからもう決済しよう」と考えて決済しました。

でも、こういう発想は最初から出来たわけではありません。


過去に欲張ってポジションを放置していたら、夕方ロンドンあたりの指標で含み益が一瞬でロスカットされたボロボロの思ひでたくさんあります。

(そういえば、その日の反省として指標前にポジを決済するとかという、道端の水たまり程度の浅い反省をしてましたw)

、、、で、そんな反省じゃ同じ失敗をリピートしまくるわけで、Dieジェストに作品を追加していく中で、そのいろんな意味で痛い思ひで1つ1つの場面を丁寧に分析して紐解いてみました。


分かった事は単に分析が甘かったというシンプルな原因です。

たとえば、売り注文が入るべきレートで買いポジを持ったままだったり、買い注文が入るべきレートで売りポジを持ったままだったり。

そんな痛い思いでを振り返るのは時にはしんどいし、自分が不甲斐なくなったりもする時がありますが、そこから何を学び次にどう活かしていくのか、それが重要だと思うのでござるよ薫殿。


FXトレード 勉強の成果が出始めてる?

今日は土曜日のyoshy00です。

今週は比較的チャートを見る時間が取れたのですが、

なかなかチャンスに巡り会えない。
直近は下げトレンドと思われるので 戻り売りを狙うのですが状況から見て
売るにはまだ早いなあと思える動きが続き全然エントリーができない。

ひょっとしてもう落ちないんじゃないか?と思えるような底堅さを見せて、こりゃ環境認識間違ったかなあという疑念が湧いた頃 上値が止まり始めました。
1hでもTLや XXのXXXが効いているような兆候が見え始めたので5mで条件がそろうのを待ってエントリー
2018-05-19_18h08_06.jpg 条件が揃ったというものの直近の上げの強さや僅かながら高値を更新していることが、懸念材料でしたが、CSを繰り返したことで、まだうまく言語化はできないのですが上値が伸びていく高値更新と失速する高値更新の動きの区別が何となく分かるようになり 多少なりとも努力の成果が出始めている実感があります。

やっぱりパターン認識には数こなすことが大事ですね。