トップページ - まーたお金儲けちゃうね参ったね - FXブログ

Welcome to my blog

まーたお金儲けちゃうね参ったね - FXブログ

FX勉強会で非常に再現性の高い手法を学んでいる人達の記録。

FX勉強会トレード~「思い切りが足りない」の場面

FX勉強会参加者のすみたです。

先週の動画解説で「なかなかチャンス掴めないなぁ」と思っている人に向けて、その要因についてお話がありました。
そのひとつとして、変に慎重になりすぎて、ここぞというときに踏み込んでいく「思い切り」が足りないのでは、というご指摘がありました。
自分のことだ、と思って土曜の座談会でも話題になったのですが、お話したお二方もご自身への指摘と受け取られたようでした。
私の「思い切りが足りない」部分は、先週ではこの場面を思い浮かべました。
2018-04-26_1.png 
環境認識では上限に達した感じのところから大きく上値を超えられない動きが続いていましたが、そこから強めに下げ始めました。
これまでの上昇が力強く大きいのでまだまだそのスケール感からすると、ちょっとした下げの動きなのですが、これまであった下げ方に比べれば強くて目立っています。

もしかすると、次に調整戻しの動きが入って、いいところまで戻したら売れるかもね、というシナリオを描いて待っているところです。
この動きがかなりもどかしい感じでジリジリと横に動いていくのですが、

①NM ここを契機に下げ始めます。

②○ しかしここから下げはじめであれば、もっと下に行かないとおかしいのですが、伸びません。

下に複数のサポートも見えます。結構な勢いで下げてるけれども、まだ上昇の勢いは削がれていないよ、と言っているようです。
そして逆に上げてしまいます。この上昇の勢いは結構強いです。

環境認識では直前の強い下げに対しての調整の目途から下げるかもしれないポイントを計りたいのですが、ちょっと判断が微妙で参考程度となりそうです。

③NM ということで、私の根拠への向き合い方の問題で、リアルで見ていたら入れるかというとかなり微妙です。直前の上昇のしかたを見て「どうしようどうしよう」とビクビクしてしまいそうです。

長い目でグレムリンとの付き合い方を実践できたら効果があるのかもしれません。先生からグレムリンについて情報を出した直後に、アマゾンから在庫がなくなったとのことです。座談会でご一緒させてもらった方から「図書館で借りれた」と教えてもらいました。図書館で取り寄せるのもありですね。

<先週の添削と週ごとの経緯>
2018-04-26_2.png 
凡例
■週間動画のエントリーポイントとの比較(○:正解 、NM:ノーマーク又は見送り)
■動画にないポイント(△:動画に紹介されてないけどダメではなさそう、 ×:こりゃダメだ)

そろそろゴールデンウイークだけど今年はFXに精を出します。

こんにちは。
ノリヒロです。
180423.jpg
先週のトレードで約15pips取りました。
 
今日たまたまテレビを見ていたら今年のゴールデンウイークは取りようによっては
9連休になるそうです。
まあ専業トレーダーの方には関係ないことかもしれませんが。
ちょうど桜の見ごろの時で、国内の旅行先では青森が人気らしいです。
花見に興味ない方には関係ないことかもしれませんが。僕は花見大好きです。

個人的にはFX、その他学習に精を出す予定です。
学習は主に英語ですね。

実は12月または年末ぐらいに、2ヶ月~3ヵ月かけて世界一周の旅に出かける計画を立ててます。
世界中の国や地域を実際に自分の目で見て、感じていろいろ吸収してきます。

なんでこんな世界一周なんてこと考えだしたかというと
  1. 人間が人生を終えるときに一番後悔することは「もっといろいろなことやって」「もっといろんなところに行けばよかった」だと何かの本に書いてあったのをずっと覚えていたため。
2.今年の12月までには計算上、日本人の平均的な生涯賃金以上をFX、その他の方法で稼いでいることになる。お金の心配事はなくなっている状態なので自分が社会に貢献できうる最も適したことはなんだろう?視野を広げたい。そうだ旅にでよう。

そのための学習、主に英語に力を注ぎます。



FX最強手法フィボトレードは1時間足のトレードと思ったほうがうまくいく!!(かもしれない)

こんにちは。
KOSUKEです。

今週の振り返り(1時間足)

2018-04-22_141416.png 

見ていたポイントは7回

そのうち

1h5mともOK=2回
1hOKだけど5m微妙=2回
入れなかった=2回
間違い=1回

でした。
まあまあなのではないか、と思います。

いままで先生の動画解説と
かなり違っていた部分が多かったのですが
だんだんずれも少なくなってきたように感じます。

原因としては、1hの分析の比重が高くなってきたことにあるように思います。

先生はフィボトレードについて
『1h環境認識に基づいて5mでタイミングを計ってエントリーする』

と一貫しておっしゃっているわけですが
なぜか、5mの状況とか細かい所にこだわってしまいます。

『1hは微妙だけど、5mではかなりいい形になっている』

とかそういうことが多くなってしまいます。

1hの方が5mよりも大きな時間軸なので
当然5mよりも1hの流れの方が強いと考えたほうが自然です。

なので、5mだけでも勝てたりするのですが
1hの流れに沿っていないと負けることも多いです。

逆に1hの流れに沿っていれば
5mではちょっと無理めでも伸びていくことが多いです。

そうです。当たり前のことです。
それなのに

分かっていてもなぜか5mにこだわってしまうというのはどうしてなのか。
5mの方が値動きが大きく見えて怖いのか
1hの分析に自信がないのか
そもそも環境認識という意味がいまいちわからないとか

いろいろ理由があると思うのですが
ここは開き直って1hの分析をちゃんとして
自信をもってトレードできるようになれば
流れに沿ったトレードができるはず。

自信を持つためには?
一般的には経験、実績とかそういうものが必要
そのためには? FXでは?
デモの経験とケーススタディ。

これしかない!!